分散型組織構造とは何ですか?

分散化された組織構造は、権威者が下した決定に依存するのではなく、複数の部門または個人に日常管理の責任を分散させます。 組織の下位レベルでより多くの力を発揮するため、経営者はビジネスが直面する上位の問題に集中することができます。 分散化された組織構造に従う企業は、多くの場合、厳格なガイドラインまたはポリシーを遵守する可能性が低くなります。

分散化された組織構造の主な利点の1つは、組織がより迅速に成長できることです。 意思決定が複数の従業員に分散されている場合、問題をより頻繁に迅速に解決できます。 また、経営幹部が主要な問題にもっと注意を向けることができるため、組織に大きな変化をもたらす可能性のある主要なイニシアチブを実行するプロセスをスピードアップできます。

分散した組織構造は、従業員の満足度と定着率を高めるのにも役立ちます。 より多くの責任を負う従業員は、自分の仕事にもっと誇りを持つ傾向があります。 経営陣が彼らを信頼し、彼らの努力に依存していると感じるとき、彼らはしばしばより効率的に働きます。

地方分権化構造は、従業員の創造性を高めることもできます。 労働者に意思決定の自由を与えることにより、経営幹部は彼らに実験を行い、枠を超えて考えることを奨励できます。 イノベーションを抑制する厳格なポリシーがなければ、従業員がアイデアを活用して会社を拡大する可能性が高くなります。

分散化された組織構造は、新しいアクションの実用性を高めることもできます。 より小さなグループで決定を下す場合、その影響がより明確に理解されるため、多くの場合、より論理的です。 影響を受ける各チームまたは従業員の日常業務について同じ知識を持つことは不可能であるため、経営者が会社全体のポリシーを変更することは一般的に容易ではありません。

分散型組織では、各従業員ではなく一連のグループを管理するだけで済むため、会社の管理も簡単になります。 さまざまなチームに自分自身を管理する能力を与えることにより、従業員の監視はそれほど複雑ではありません。 チームは自分自身を管理し、経営陣はそれらのチームがうまく機能していることを確認するだけです。

中央集権化された組織構造は、地方分権化のより伝統的な反対です。 これは、経営陣が意思決定と責任の委任に責任を持つシステムです。 このシステムは、通常、一貫性のある厳格なポリシーで決定を実施する当局の図にも依存しています。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?