固定オーバーヘッドとは何ですか?

固定間接費とは、特定のタイプまたはグループの事業費を指します。 ビジネスにおけるオーバーヘッドという言葉は、ビジネスを行うためのコスト、または機能的なビジネスを運営し維持するために個人または企業が費やさなければならない金額を表すために使用されます。 固定とは、特定のコストが毎月変更されないことを意味します。

ビジネスの特定のコストは変動するか、毎日、毎月、または四半期ごとに変化する可能性があります。 たとえば、在庫のコストは、人が必要とする特定の製品の数に応じて変化する場合があります。 たとえば、販売量が増えたときに残業するために会社が誰かに支払う必要がある場合、人件費も変わる可能性があります。

一方、固定費は、販売量によって変化したり変動したりしません。 固定間接費は、会社がアイテムの1つを販売しても1,000のアイテムを販売しても同じです。 したがって、固定間接費は予測可能であり、通常は少なくとも一定期間、通常は1年間同じです。

ビジネスで一般的な固定オーバーヘッドコストにはいくつかの種類があります。 たとえば、家賃は通常、固定費です。 ほとんどの企業は、オフィススペースまたは小売スペースで少なくとも1年間リースを締結します。 この期間、家賃は同じままであり、会社が製品またはサービスの販売量を増減したからといって、それ以上上昇することはありません。

他の特定のオフィス費用も固定費である場合があります。 マネージャーに支払われる給与のコストは、マネージャーが販売に関連するボーナス構造または手数料ベースで支払われていない限り、固定間接費と見なされる場合があります。 借りたお金、減価償却、建物や設備の価値の減額、およびその他のそのような費用に対する利息も、月ごとに変動しないため、固定されていると見なされます。

固定間接費は、必ずしも永久に固定されるとは限りません。 たとえば、家主が家賃を上げる場合や、新しい管理者が雇われる場合は、変更される場合があります。 ただし、この変更は売上の増加や減少によるものではなく、その結果、コストは依然として固定コストと見なされます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?