ピラミッドの組織構造とは

ピラミッドの組織構造は、最上位にエグゼクティブレベルがあり、組織の中間管理職から下位レベルに下るレベルの階層です。 この構造の背後にある考え方は、ピラミッドの下部からのサポートにより、各上位レベルが機能できるということです。 これは伝統的な組織構造のシステムであり、多くの場合、官僚主義とリンクしています。

ピラミッドの組織構造の主な概念は、組織の下位レベルが最上位の従業員の命令に従うことです。 本質的に、経営陣は会社のすべての重要な要素を管理します。 これには、戦略、運用、全体的なビジョンが含まれます。

ピラミッドの組織構造には通常、エグゼクティブ、マネージャー、スタッフの3つの主要レベルがあります。 マネージャーは通常、特定の部門または製品を監督し、エグゼクティブに直接報告します。 スタッフは、エグゼクティブレベルからの指示を満たすタスクを実行することにより、マネージャーをサポートします。 組織によっては、マネージャーとスタッフの間にアシスタントマネージャーレベルがある場合があります。

ピラミッドの組織構造は、宗教、政府、および軍隊に見られるいくつかの伝統的な構造に基づいています。 初期の企業の発展は、社会の他のこれらの分野ですでに確立されていたため、この構造に従う傾向がありました。 このシステムは引き続き広く使用されていますが、社会の変化に応じて他のタイプの組織構造が発達しています。

よく実行されたピラミッドの組織構造は、各従業員の正確な責任を明確に示しています。 会社の成功は、割り当てられた役割を堅持する個人にかかっています。 これには、上位レベルの従業員への服従と、彼らが開発したポリシーの受け入れが含まれます。

ピラミッド組織モデルの労働者は、キャリアアップのために明確に定義された構造を持っています。 一般的な方法は、スタッフレベルからマネージャーおよびエグゼクティブに移行することです。 このタイプの組織の上位レベルではポジションが少ないため、すべての従業員がトップに達する機会があるわけではありません。 特定のレベルを超えて移動できない従業員の状態は、「ガラス天井」と呼ばれることがよくあります。これは、最上部へのパスが明確であるがアクセスできないためです。

組織構造の新しいモデルは、組織のリーダーが重要な意思決定を完全に制御するべきであるというピラミッドシステムによって提示された概念を拒否します。 彼らは、部門レベルでより大きな制御を可能にすることにより、従業員により多くの責任を与えます。 これは主に、組織のトップレベルの幹部が特定の部門の問題について、これらの分野で毎日働く従業員と同じ理解を持っていないという批判に対応するためです。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?