従業員のパフォーマンス管理とは何ですか?

従業員のパフォーマンス管理は、企業が従業員を管理して組織の成功を確保するために使用するプロセスです。 パフォーマンス管理手法には、ジョブの目標と期待の計画、パフォーマンスの監視、従業員のジョブの改善、および優れたパフォーマンスへの報いが含まれます。 従業員は、企業がビジネスのタスクと機能を完了するために依存する個人です。 従業員の業績管理は、企業文化と従業員の善意の改善を目指しています。 これらの領域を改善することで、企業は最高の従業員を雇用し、ビジネスプロセスの重要な知識を持つ貴重な従業員を維持できます。

企業は、従業員の雇用とトレーニングに多くの時間とお金を費やすことができます。 従業員のパフォーマンス管理システムを使用することは、従業員が数年間会社に留まることを決定する方法の1つです。 多くの企業は、タスクと目標を達成するために必要な従来の入力リソースではなく、従業員を貴重なビジネスパートナーとして扱います。 従業員は、会社の従業員業績管理システムの下で成功と認識を達成するためにより懸命に努力することを望んでいます。

従業員の業績管理には、通常、従業員を指導および評価するためのいくつかの手順が含まれます。 これらの手順には、計画、監視、開発、評価、および報酬が含まれます。 計画フェーズは、職場で完了する必要がある従業員の仕事とタスクを決定する企業から始まります。 マネージャーは、従業員を雇用する前に、各ジョブの特定のタスクと賃金を決定します。 適切な従業員が雇用されると、従業員業績管理システムは監視段階に移行します。

従業員管理の監視段階では、管理者が従業員の職務をどのように遂行するかを訓練し、監視します。 監視段階は、従業員の業績管理システムの開発段階と密接に関係しています。 マネージャーは各従業員を監視するため、通常、タスクをより効果的かつ効率的に完了するためのヒントやアドバイスを提供します。 これらの2つのフェーズは、会社の各従業員の実際のタスクと仕事のパフォーマンスに対処するため、通常、従業員管理の大部分を構成します。 これら2つのフェーズの後に、従業員管理の評価部分が続きます。

従業員の業績管理システムの評価段階は、各企業が管理スタイルと企業文化に従って作成します。 ほとんどの企業は、従業員に自分の仕事のパフォーマンスと生産性に基づいて適切にスコアを付けながら、評価システムを従業員に説明します。 従業員の評価は、会社とその従業員の業績管理システムに応じて、定期的に完了します。

従業員の業績が評価された後、会社は従業員に報酬を与えます。 報酬は金銭的またはインセンティブに基づいています。 一般的な金銭的報酬には、ボーナス、賞与の引き上げ、ギフトカードが含まれます。 インセンティブスタイルの報酬には、賞品やトロフィーのある宴会、追加の休暇日、または商品やサービスの物理的な贈り物が含まれます。 企業は段階的に報酬を組み合わせて使用​​し、従業員が職務遂行で得られる最高の報酬を獲得できるよう努力することができます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?