リーンマネジメントとは?

リーン管理とは、リソースを節約し、より良い製品を生産するために、組織内の無駄を排除し、回避する継続的なプロセスです。 また、リーン生産、または単にリーンとも呼ばれ、あらゆる種類のビジネスで使用できますが、最も一般的には、システムの起源である製造業で使用されています。 トヨタが開発した無駄のない管理の哲学は、流れの生産を円滑にし、結果として得られる製品の品質を向上させるために、3つの主要な廃棄物を削減する必要があるという考えに基づいています。 それらはmura 、または不均等、 muri 、これは過剰負担を意味し、 mudaは非付加価値の仕事です。

無駄のない管理の3つの原則を順守することで、組織は材料費、人件費、および生産に必要な時間を削減できます。 無駄がないことで、組織の品質管理を管理する能力が向上し、結果としてより均一で高品質な製品が得られます。 これらのアイデアをシステム全体に適用することにより、個々の問題に焦点を当てるのではなく、組織の要素が互いにどのように関連し、生産的な方法で相互接続できるようにするために必要なものを簡単に確認できます。

効率的なリーン管理の重要な要素の1つは、柔軟性です。 これには、現在のニーズと将来の生産性に合わせてシステムを最適化するために、システムを継続的に変更する意思が含まれます。 また、厳格な制御を強制するのではなく、組織のすべてのレベルからの入力を管理者が受け入れる必要があります。 全体的な目標は、体系的な制限で進行を絞るのではなく、有機ロジックを使用してプロセスを人間化することでプロセスを改善することです。

リーン管理のもう1つの重要な要素は、在庫の削減です。 システムが最適な効率で動作している場合、在庫は少ないか存在しないはずです。 最終的にコストを削減することに加えて、在庫の削減により管理の必要性が少なくなり、従業員のリソースの浪費を防ぎます。 また、生産プロセス中および生産の結果として、廃棄物をできるだけ少なくする必要があります。

無駄のない管理の基本原則は守られましたが、トヨタのスムーズなワークフローの哲学は、いくつかの組織によって修正され洗練されてきました。 時間が経つにつれて、無駄を減らして排除するツールとプロセスを構築することに多くのリソースが集中してきました。 これは、システム全体の改善に加えて、問題のある領域をターゲットにすることで実現されます。 最終的に、無駄のない管理の方法は大きく異なりますが、無駄をなくすという最終目標は一定です。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?