どうすれば建物の監督になりますか?

建築現場監督または建設現場監督になるには、建設の分野でのトレーニングと経験、および管理スキルが必要です。 建設会社によっては、教育を受けておらず、多くの経験がある建設会社を雇っていますが、雇用するには大学の学位が必要になる可能性があります。 建物の職長になりたい人には、よく発達したプロジェクト管理スキルも必要です。 この役職の基本的な責任は、熟練した職人や労働者の労働力または乗組員を監督し、建築プロジェクトの建設を完了するために見積もりや請負業者と協力することです。 建設現場の監督は、建設プロジェクトの状況について建設管理者または請負業者に報告します。

建築主任になりたい人のための最低限の教育は、通常、プロジェクト管理、建設管理、またはその他の土木工学関連分野の学士号です。 コースワークには、財務、ビジネス管理、プロジェクト開発、サイト設計、計画が含まれます。 一部の雇用主は、準学士号と建設経験のある建設監督者を雇います。 大規模な建設会社で働くこれらの建設マネージャーは、修士号を取得し、複数の建設現場で現場監督として働くか、後に上級管理職に転職する必要があります。 高度な学位は、通常、企業または組織内での昇進のより良い機会を意味します。

建物の職長の主な機能は作業員を調整することであるため、管理スキルの開発は重要なスキルです。 建設監督者になりたい場合は、教育、トレーニング、および人材管理の経験を通じて取得する必要があります。 その他のスキルには、さまざまな種類のレポートを編集して経営陣に提示する能力が含まれます。 あなたが建物の職長になりたいのであれば、コンピュータと関連する推定およびスケジューリングソフトウェアの実用的な知識も役立ちます。 建設現場の主任は通常、現場のシニアワーカーであり、建設方法、安全手順、建築基準、規制に関する経験が最も豊富です。

建築現場の監督は、特定の建築プロジェクトの範囲を決定するために請負業者または建設管理者と会う必要があります。 また、さまざまなタスクの労働者をスケジュールし、予算を維持し、建築材料、ツール、機器、および機械の可用性を確保する責任もあります。 コスト見積もりの​​実用的な知識を獲得し、大規模で複雑な建設プロジェクトの予算を立てることも不可欠です。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?