コンピュータエンジニアになるにはどうすればよいですか?

コンピューターエンジニアは、企業、政府機関、その他の組織のコンピューターシステムを管理します。 多くの場合、ハードウェアまたはソフトウェアエンジニアリングを専門としています。 コンピュータエンジニアになるには、通常、学士号が最低レベルである大学教育が必要です。 より高度な学位は、より困難な仕事またはより速い進歩につながる可能性があります。 関心のある分野に応じて、ソフトウェア工学、コンピューターサイエンス、電気工学、システムエンジニアリング、またはその他の関連分野の学位を取得できます。

工学学校に入学するには、高校時代に代数、幾何学、三角法、微積分、物理学、生物学、化学などの基礎科学を含む数学の基礎を固めることが重要です。 高校が提供するコンピューターのクラスをできるだけ多く取ることも重要です。 米国外に住んでいる場合、Future Scientists and Engineers of Americaなどの組織に参加することは、コンピューターエンジニアになりたい場合に役立ちます。

4年制大学のコンピューターエンジニアリングプログラムは通常、最初の2年間に数学、基礎科学、入門工学およびコンピュータープログラミングコース、社会科、人文科学などの一般教育コースに焦点を当てています。 大学の最後の2、3年は通常、コンピューターソフトウェアおよびハードウェアエンジニアリングの研究をより深く掘り下げます。 学士号のエンジニアリングプログラムの多くは、完了するのに4年ではなく5年かかる場合があるため、大学のプログラムを検討する際に考慮すべきことです。

大学を検討しているときは、学校が提供する職業体験プログラムの種類について尋ねてください。 企業や組織とのパートタイムまたは夏のインターンシップの機会について調べます。 インターンシップで働くことは、実地体験を提供するのに役立ち、将来の雇用のための連絡先を提供することができます。 質問すべきもう1つの分野は、検討している学校が、コンピューターハードウェアまたはソフトウェアのエンジニアリングの実世界の経験を提供できる研究や開発プログラムなどの企業とのパートナーシップに参加しているかどうかです。

また、コンピュータエンジニアになりたい場合は、プロのハードウェアおよびソフトウェアエンジニアリング組織の学生の章に参加することも役立ちます。 これらの組織は、職業への準備とネットワーキングの機会の提供を支援します。 多くの専門組織も、メンバーに求人のリストを提供しています。

コンピューターエンジニアになりたい場合に重要な資質には、分析能力、創造性、詳細なオリエンテーションが含まれます。 共通の目標に向かってチームの一員として働く能力は重要であり、優れた口頭でのコミュニケーションスキルを身に付けることは役立ちます。 コンピューターの仕様、ソフトウェアのドキュメント、およびその他の文書資料を準備するための強力なライティングスキルは、コンピューターエンジニアになった後に役立ちます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?