ヘアカラースペシャリストになるにはどうすればよいですか?

ヘアカラーのスペシャリストになるには、通常、基本的な美容トレーニングまたは見習いを修了し、適切なライセンス試験に合格する必要があります。 髪の色の配合と塗布技術の高度なトレーニングを受ける髪の色の専門家は、通常、高い需要があります。 美容のトレーニングには通常、髪の色の化学と理論の指導が含まれます。 学生はまた、クライアントとの相談や色の調合と応用の実務経験を得ることができます。 認可された美容師として働き始めると、個人はしばしば髪の色の専門家になることを選択します。

美容師は学校で髪の色の基礎を学びますが、ほとんどの人は仕事でプロの髪の色の大部分を学んだと一般的に言うでしょう。 カラリストとしてのスキルは、通常、試行錯誤を経て、より経験豊富なカラリストのアドバイスを求めることによってもたらされます。 髪の色を専門とする人の多くは、定期的に新しい髪の色の製品とテクニックの上級コースを選択しています。 これらのコースは、髪の色のメーカーや美容用品の卸売業を通じて提供される場合があります。

髪の色の化学に関する知識は、特定の髪の色の処方がクライアントの髪の自然な色や状態にどのように反応するかを、髪の色の専門家がより正確に予測するのに役立ちます。 彼らは、パーマネント、セミパーマネント、テンポラリーなど、利用可能なヘアカラーの種類に関する実用的な知識を持っています。 髪の色の専門家は、箔で強調したり、特殊効果のために複数の色を適用するなど、特別な適用技術を実行することにも熟練しています。 追加のスキルには、ハイライト、ローライト、色補正の適用が含まれます。 また、白髪を隠したり、赤などのトリッキーな髪の色で作業することもできます。

ヘアカラーのスペシャリストになることを選択した人は、通常、大量のカラークライアントを持っています。 ほとんどのカラークライアントは、4〜6週間ごとにカラーレタッチの予約に参加します。これは、髪が1か月あたり0.5インチ(約1.27 cm)の割合で成長するためです。 その結果、髪の色の専門家は、多くの場合、少なくとも月に一度は会う常連客を持っています。

髪の色の専門家は通常、42,000ドルから46000ドルの間の収入を得ます。 このスキルは美容師によって実行される成長サービスであり、髪の色の専門家は創造的な可能性を享受し、特定のクライアントでより衝撃的な色や色の組み合わせを試すことさえできます。 ヘアカラーのスペシャリストになりたいヘアスタイリストは、クライアントが提供できる口コミ広告を通じてビジネスを構築できる場合があります。 このサービスを必要とするサロンで仕事に応募することも役立ちます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?