ヘルスケアアドバイザーになるにはどうすればよいですか?

あなたが患者とその家族と密接に仕事をすることを楽しみ、医療の心理社会的側面に焦点を合わせ、患者のニーズと希望に声を与えたいと思うなら、あなたは医療顧問になりたいかもしれません。 この業界で目標を実現するためのステップを踏むには、患者の擁護について学び、ヘルスケア分野またはヘルスケアのアドバイスが主要な役割を果たす他の分野でトレーニングを受ける必要があります。 多くのキャリア分野を含むヘルスケアのアドバイスには、保険、医療、法律分野などの職業が含まれます。

ヘルスケアアドバイザーになるための最初の場所は、患者の擁護者の義務を理解することです。 ヘルスケアアドバイザーとして働く人々は通常、クライアントの健康、治療、予後に関するアドバイスを提供しますが、一部の患者は終末期の決定を支援します。 また、家族に医療保険を提供したり、医療過誤訴訟を起こすかどうか、およびとるべき最善の行動を決定するかどうかについて相談したりします。 時々、ヘルスケアアドバイザーはヘルスケア擁護者と呼ばれます。

ヘルスケアアドバイザーになるためのトレーニングは、一般的にあなたがキャリアに興味を持っている能力によって決定されます。 ほとんどの医療従事者は、何らかの種類の練習免許と2年または4年の学位プログラムの完了を必要とします。 学習コースには通常、化学や数学だけでなく、生物学や解剖学などの生命科学の授業も含まれます。 教室での学習を実際の患者ケアに適用する必要があるため、臨床経験も必要です。 たとえば、歯科助手になるためのトレーニング中に、歯科医院やオフィスでの作業中に実践的なスキルを習得します。

特定の職種では、特に公認会計士(CPA)、法定看護師コンサルタント、弁護士のヘルスケアアドバイザーになるために、法の原則と医療法を理解する必要があります。 これらの職種では、ほとんどのヘルスケアアドバイザーを超える教育とトレーニングが必要です。通常、修士号または専門教育の修了です。 これらの分野でも試験とライセンスが義務付けられています。

健康について他の人に助言する分野は、幅広いキャリアをカバーしており、保険、会計、法律などの多くの分野で構成されています。 特定のヘルスケアアドバイザーの仕事自体は本当にありませんが、健康保険の代表者、公認会計士、医療専門家など、より大きな健康関連の役割の中で実行される重要な義務です。 さまざまな医療環境で採用されているメンタルヘルスワーカーは、多くの場合、医療チームの他のメンバーと協力して、患者を擁護しています。 医師や看護師は、ケアの全体計画に患者の教育と相談を頻繁に含めるため、医療専門家は一般的に患者の擁護と助言の最前線にいます。 弁護士は、高齢者虐待や医療過誤など、法律の特定の分野に特化することを選択できます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?