言語療法助手になるにはどうすればよいですか?

スピーチセラピーのアシスタントになるために必要な4つのステップがあります。中等教育後のトレーニング、関連する実務経験、仕事への応募、および面接プロセスです。 言語療法助手は、言語療法士または言語言語病理学者の指導の下で働く保健サービスチームのメンバーです。 言語療法助手の主な役割は、患者が運動を完了し、予備的な診断テストを実施するのを支援することです。

ヘルスケア分野に興味があり、人々と一緒に仕事をしたり、週末を休みにして標準的な営業日で仕事をしたりしたい人は、このタイプの仕事に満足します。 このタイプの仕事からの主な報酬は、患者の進捗状況を見ることです。 スピーチの問題は解決に時間がかかることが多いため、フラストレーションのしきい値を低くする必要があります。 自然に楽観的である高エネルギーの人は、これがキャリアに適していると思うかもしれません。

言語療法助手になるための最初の要件は、中等後教育プログラムを完了することです。 言語療法のアシスタントプログラムは、さまざまなコミュニティカレッジやキャリアカレッジで利用できます。 この専門分野の入学基準には、聴力検査と音声検査が含まれる場合があります。

通常、関連する職務経験は、職業紹介プログラムを通じて取得されます。 就職やインターンシップの職に就く機会のある、関連する言語療法クリニックがある学校を探してください。 関連する経験を得る他の方法には、医療サービス部門で医療助手として、または顧客サービスのポジションで働くことが含まれます。 オフィスアシスタントまたはオフィス管理職は、患者、サプライヤー、およびその他のビジネス上の問題に対処する方法を学ぶ機会を提供します。

実際に言語療法助手になるには、事前に適切な仕事を見つけて応募する必要があります。 ほとんどの学生は、卒業の3〜4か月前にフルタイムのポジションを探し始めます。 学校のキャリアセンターにアクセスし、学校に自分の役職を投稿した雇用主を探してください。 インストラクタとインターンシップの監督者に、雇用主になる可能性のある人に照会状を提供してくれるかどうか尋ねてください。

スピーチセラピーのアシスタントになるための仕事に応募するときは、必ず履歴書とカバーレターを校正し、文法やスペルミスがないか再確認してください。 就職面接の過程で、雇用主は通常、質問の標準的なリストを持っており、完全で簡潔な回答を求めていることに注意してください。 あなたが言うことはすべて書き留められ、レビューされることに留意してください。 あなたの答えを考え、落ち着いて、どのように貢献できるかに集中してください。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?