さまざまな美容室の仕事は何ですか?

ヘアサロンの仕事を探している人々は、その地域の企業が提供するサービスの範囲に応じて、利用可能な多くのオプションを見つけることができます。 一般的なヘアサロンの位置は、美容院、理髪師、カラリスト、シャンプーです。 他のサロンの仕事には、ネイル技術者、スキンケアの専門家、場合によってはマッサージ療法士が含まれます。 さらに、サロンは通常、予約をスケジュールし、支払いを処理するために受付を雇います。 サロンを所有するには、通常、ヘアスタイリストまたは美容の専門家としての道を歩む必要があります。

美容院と理容師は2つの最も一般的なサロンの仕事であり、単独で、またはアシスタントと一緒に働くことができます。 彼らは顧客の髪をカットしてスタイリングしますが、それは自分でシャンプーするか、シャンプーの助けに頼ることがあります。 この人の仕事は通常、顧客の髪を濡らしてから、髪をカットしてスタイリングする前にシャンプー、コンディショナー、およびその他の必要な製品を塗布することに限定されています。

他の一般的なヘアサロンの仕事には、エステティシャンまたはメイクアップの専門家としても知られるスキンケアの専門家が含まれます。 この人は顧客の顔に焦点を合わせ、スキンケアオプションについてアドバイスします。 位置は通常、すべての異なる肌の種類の知識と一般的な肌の問題に精通している必要があります。 スキンケアのスペシャリストは、製品を推奨し、メイクを選択して適用し、顧客に自分で着る方法を教えます。

ネイル技術者は、ヘアサロンの仕事の別の例です。 彼らの責任には、マニキュアとペディキュアの提供、その他の手足のケアが含まれます。 彼らは顧客の爪をきれいにして磨き、通常はアクリルの爪を塗るなどの追加サービスを提供します。

特にビジネスが小さい場合、ヘアサロンの仕事はしばしば重複します。 就職の可能性を高めるために、多くの専門家は、ヘアスタイリングに加えて、カラーリングやスキンケアやネイルケアなど、多くのサービスのトレーニングを完了しています。 誰かがサロンで働いたら、スキルを伸ばすのを助けるために、通常、実地訓練の機会もあります。

顧客を引き付けて利益を増やすために、多くの企業はフルサービスのサロンまたはスパとして運営しています。 基本的なヘアサロンの仕事だけでなく、マッサージセラピストなどのさまざまな専門家を雇用しています。 これらの専門家は通常、サロン内に働く別のスペースを持っています。

ヘアサロンの仕事には、管理とハウスキーピングの役割も含まれる場合があります。 サロンの所有者は多くの場合スタイリスト自身であるため、彼らは彼らの事業運営を支援するために受付や他のスタッフに頻繁に頼っています。 限られた予算の小さなサロンでは、別の受付を雇うことはできませんが、代わりに従業員をフロントデスクで回転または記入して、自分の予約をスケジュールし、サービスの支払いを受け入れます。 スタッフは通常、サロンの清掃、殺菌ツール、リネンの洗浄などのタスクも担当します。 従業員がこれらの役割を共有する必要がある範囲は、通常、サロンの規模と予算によって異なります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?