サンドブラストジョブの種類は何ですか?

ほとんどのサンドブラストジョブは似ていますが、タスクによって異なります。 各ジョブについて、サンドブラスターは適切なグリット、グリットフロー、およびツールを選択する必要があります。 サンドブラストは、環境に優しいドライアイス、氷、炭酸水素ナトリウムなどの最新のブラスト媒体で最新の状態を維持する必要があります。 サンドブラストのさまざまな職種は、自動車から産業までさまざまであり、職種は治療によって異なります。 ほとんどの指導には実地訓練が含まれ、多くの雇用主は3年以上の経験を持つサンドブラストを求めています。

建物の清掃の分野では、サンドブラストの仕事がたくさんあります。 サンドブラストは、レンガ、コンクリート、木材など、ほとんどすべての建物の外観をきれいにできます。 サンドブラストと呼ばれるという事実にもかかわらず、他の種類のグリットが使用される場合があります。 優れたサンドブラスターは、アグレッシブグリット、中程度のグリット、または地上のトウモロコシ穂軸のような柔らかいグリットをいつ使用するかを知る必要があります。 トウモロコシの穂軸は、木材に適した培地の1つです。

サンドブラストが就職できるもう1つの分野は、自動車産業です。 これは、アイテムを損傷しやすい特殊なタイプのサンドブラストです。 多くの場合、労働者がさまざまな種類のサンドブラスト(ポータブルワンドとキャビネットブラスト)を知っていると、自動車産業で働くときに有益です。 大規模な運用には爆風室があり、飛行機、車、トラックまたは建設機器全体から塗料や錆を取り除くことができます。

産業用サンドブラストの仕事では、作業者がキャビネットブラスターまたはブラストルームを使用する必要がある場合があります。 製造業者は、サンドブラストを使用してキャビネットブラスターの部品を洗浄することがよくあります。 サイフォンタイプや直圧タイプなど、さまざまなタイプのキャビネットブラスターがあります。 工業用環境で働くサンドブラスターは、通常、同じ場所で同じ仕事をしますが、クリーナーやその他の建物を建設すると、アプリケーションや場所が頻繁に変わる場合があります。

仕事を提供する他の領域のいくつかは、錆と戦うためにサンドブラストが使用される船を含みます。 多くの場合、このタイプのアプリケーションでは、作業者はショットまたはグリットを吸い上げて再利用する閉回路システムを使用します。 これにより、ほこりや砂の無駄が減ります。 他のサンドブラストの仕事には、実行間のベーカリーとフードサービス機器のクリーニング、印刷機器のクリーニング、化石や他の考古学的アイテムのクリーニングが含まれます。

多くの人々が仕事に従事しながらサンドブラストを学びますが、多くのサンドブラスト機器メーカーがトレーニングセミナーを提供しています。 監督職を含め、サンドブラストジョブにはさまざまなグレードがあります。 スーパーバイザーとサンドブラスターなど、2つのジョブを組み合わせる場合、雇用主は追加のトレーニングを必要とする場合があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?