認定電子技術者は何をしますか?

認定された電子技術者が、さまざまな種類の産業機器、車両、または家電製品の設置と修理を行います。 ほとんどの技術者は、エレクトロニクスの原理に関する幅広いスキルと知識を持っていますが、通常は非常に特定の種類の製品を扱うことで専門にしています。 技術者は修理店で働いたり、さまざまな場所に移動して、現場で機器の設置、テスト、トラブルシューティングを行うことができます。 認定資格を取得するには、フィールドでの正式なトレーニングを取得し、尊敬される組織が管理する広範な試験に合格する必要があります。

電子機器、自動車、または機械の修理工場で働く専門家は、顧客から破損または破損した製品を受け取ります。 機器を分解し、内部部品を慎重に検査して問題を特定します。 バッテリーの交換や裸線のテーピングなど、一部の修理作業は簡単で簡単です。 他のデバイスでは、デバイスを適切な動作状態に戻すために、何時間もの集中的な調査と試行錯誤の修理が必要です。

小売店または電気通信会社で働く認定された電子技術者は、自宅や企業の顧客を訪問して新しい機器を設置します。 技術者は、施設の配線を確認し、電話線とケーブル線を特定し、新しい電線を接続する必要がある場合があります。 機器を設置したら、認定された電子技術者がテストを実行して、すべてが正常に機能していることを確認します。 また、新しいデバイスの使用方法を顧客に説明します。 インストール後に問題が発生した場合、技術者はトラブルシューティングに戻って必要な修理を行うことができます。

認定された電子技術者になりたい人は、コミュニティカレッジや専門学校で電子プログラムに登録することで、エントリーレベルの仕事を見つける可能性を高めることができます。 1年から2年のプログラムは、教室での指導と実地訓練の両方を提供します。 学生は、電気の原理、さまざまな種類の電流と回路、トランジスタとコンデンサの役割について学びます。 研究室やワークショップでは、現場で使用するツールや機器の使用を練習する機会があります。 学位を取得した後、人は製造工場、修理工場、および通信会社での仕事に応募することができます。

認定は、電子技術者として働くために常に必要なわけではありませんが、良い仕事を見つけて昇進の機会を追求するのに非常に役立ちます。 国際認定電子技術者協会(ISCET)など、多くのさまざまな組織が経験豊富な労働者に認定を提供しています。 ISCET資格を取得するには、エンジニアは、エンジニアリング、設計、インストール、およびメンテナンスに関連するさまざまなトピックを対象とする書面またはコンピューター化されたテストに合格する必要があります。

新しく認定された電子技術者は、多くの場合、自分の会社の中ですぐに前進できます。 多くの経験豊富な技術者は、最終的に監督者またはオフィス管理者になります。 さらに、労働者は継続的な教育を追求してエレクトロニクスエンジニアになることを選択できます。そこでは、新しい革新的な製品を実際に設計および構築できます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?