配管監督者は何をしますか?

配管監督者は、石油およびガス産業でパイプラインの設置と保守を管理しています。 この技術的作業には、パイプライン開発に関係するエンジニアリングの理解に加えて、優れたコミュニケーションと調整のスキルが必要です。 一部の雇用主は監督者が大学の学位を取得することを期待するかもしれませんが、他の雇用者は作業員と監督の役割で豊富な経験を持つ応募者を受け入れます。 遠隔地への旅行が必要になる場合があり、他の国での業務をサポートするために国際旅行の機会がいくつか生じる可能性があります。

石油およびガス会社は、パイプラインを計画する際に、エンジニアと協力して、仕様を満たし、法的要件を遵守するシステムを開発します。 配管監督者はエンジニアリング文書をレビューし、エンジニアと会ってプロジェクトについて話し合うことができます。 この情報を入手すると、スーパーバイザーは、コンポーネントを注文し、労働者を派遣してジョブを実行し、生産プロセスを通じてスムーズに移動できます。

パイプライン用のコンポーネントの製造は、中央施設で行われる場合があります。 配管監督者は、製品を検査し、公差を満たしていることを確認し、出荷を承認する必要があります。 現場に到着したら、次のセクションを追加する前に、作業者がそれらをインストールしてテストし、正常に機能することを確認します。 配管監督者は、厳しい地形で作業し、前もって計画している間、パイプラインの設置の遅延の可能性を制限する間、エンジニアリング計画が守られていることを確認する必要があります。

パイプラインの長さは、多数の作業員が常に生産に関与していることを意味します。 配管監督者は、すべての作業が確実に実行されるように下請業者と協力する場合があります。 監督者は、請求書、給与、およびインストールに関連する関連財務資料も処理できます。 セクションが完成して運用されると、ジョブのメンテナンスと修復の側面が作用します。 スーパーバイザーは、メンテナンススケジュールを確立し、障害の報告に対応し、システムが安全に動作し続けることを確認する必要がある場合があります。

石油およびガス産業での仕事には、特に配管監督者のようなポジションをランク付けするための多くの利点があります。 利用可能な給付は、雇用主、地域、および年功序列のレベルに依存します。 プロジェクトが延長された遠隔地の労働者の場合、雇用主はオフサイトで休暇をとることができます。これには、通常のチームがいなくなったときに、より多くの人が住んでいる地域への移動と、交代する乗組員が含まれます。 配管監督者は、疲労を抑えて仕事の満足度を高めるために、従業員が休暇中に定期的に交代するようにする責任があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?