配管検査官は何をしますか?

配管検査官は、配管システムの検査を専門とする配管専門家であり、配管システムの安全性、合法性、および資格のある専門家による設置を確認します。 政府は通常、配管検査官の最大の雇用者であり、一部の政府はフルタイムの検査スタッフを雇用していますが、必要に応じて認可を受けた配管検査官に仕事を委託している政府もあります。 配管検査官として働くには、通常、配管工としての資格とライセンスが必要です。さらに、検査官として働くための追加の資格が必要です。

新しい建設プロジェクトでは、配管検査官が設置された配管システムと機器を検査し、設置が合法であることを確認します。 配管検査官は、通気口、トラップ、蛇口、備品、および配管をチェックします。 また、作業を行う配管工が免許を取得しており、その免許が最新のものであることの証明を求めることができます。 一部の配管検査官は、住宅用または商業用配管に特化することを選択しますが、他の配管検査員は両方のタイプを検査できます。 配管設備が検査に失敗した場合、ビルダーが引用され、配管検査者によって特定された問題を修正する必要があります。

配管システムを含む大規模な改修の後、配管検査員を再度派遣して、配管の安全性と合法性を確認することができます。 これは、人々が配管システム全体を交換するときにミスが発生する可能性が高いか、危険である可能性があるため、ヴィンテージ配管システムを改造する場合に特に重要です。 水道会社が下水道に直接グリースを放出していると水道会社が疑っている場合など、配管システムに問題が発生したときに配管検査員を呼び出すこともできます。

フィールドワークを楽しんでいない配管工の場合、配管計画の審査官として働くことができます。 計画審査官は、提案された配管レイアウトと計画を見て、システムが配管コードに準拠するかどうかを判断します。 審査官に合格した計画を取得することは、多くの場合、建築許可を申請するプロセスの重要な部分です。 配管システムが現場で検査されるとき、配管検査官はしばしば配管計画を調べて、物理的な配管が提案された計画と一致するかどうかを判断し、バリエーションがある場合は説明を求めることができます。

検査官は、政府のさまざまなレベルで採用することができます。 すべての場合において、彼らの主な目標は、配管システムが使用されるタスクに適切であることを確認することにより、公衆衛生と安全を保護することです。 配管検査官はまた、おばあさんのユニットに使用されていることを示唆するガレージでの配管など、違法行為の手がかりとなる可能性のあるコード違反にも関心を持っています。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?