手話通訳は何をしますか?

手話とは、手を使って特定の標識を作ることで静かに話される言語の一種です。 ろう者が他の人とコミュニケーションをとるために使用します。 手話通訳とは、話し言葉を手話、顔の表情、動きに翻訳して、聴覚障害者や聴覚障害者が話していることを理解できるようにする人です。

耳が聞こえない北米人が使用する手話は、アメリカ手話(ASL)と呼ばれます。 対照的に、他の国の耳の不自由な人々は、独自の手話を持っています。 ASLは、1817年にアメリカの聴覚障害者学校を設立したローランクレールというフランス人教師から学んだ兆候と組み合わされた、ろう者が確立した一般的な手話を通じて開発されました。

人は、手話を勉強し、ろうコミュニティと交流することにより、手話通訳者になることができます。 言語を解釈するには、ASLの文法、語彙、および文構造の深い知識が必要なので、手話に堪能になることは必要な作業です。 手話通訳者は、ネイティブスピーカーと一緒に言語を使用することによってのみ、言語の通訳を習得できます。

基本的な手話は、さまざまな方法で学習できます。 手話に関する本を購入するのは明らかな選択です。 これにより、読者は標識を見て、ASLを学習するための基礎となる基本的な単語を練習できます。

言語を学ぶ別の方法は、手話を教えるビデオテープまたはDVDを購入することです。 手話の学生が手話を実際に見ることができるため、これは追加の利点を提供します。 また、単語や文章に署名する人の表情や動きを見ることができます。 このような視覚的な学習方法により、学生は自分の署名にジェスチャーや表情を組み込むことができます。

手話を学ぶもう1つの優れた方法は、ASLを教えるコンピューターソフトウェアを見つけることです。 ビデオテープやDVDと同様に、手話ソフトウェアプログラムを使用すると、手話の学生は、表情がどのように表示されるべきかを正確に確認し、表情や動きをアニメーション化できます。 特定の手話学習プログラムにお金を使う前に、一部の人々は無料で言語プログラムをチェックアウトするために地元の図書館に行くことを好むかもしれません。 これにより、学生は学習プログラムが自分のニーズに合っているかどうかを判断できます。

手話通訳者は、学校、劇場、法廷、病院、およびろう者がいる他の施設で働くことができます。 通訳者は、聴覚障害者と聴覚障害者とのコミュニケーションを支援します。 また、手話通訳者は、話された言語を聴覚障害者に翻訳します。これにより、聴覚障害のある人々に、聞き取れない重要な情報を提供することができます。 手話通訳になりたい人は、大学の学位を取得して職に就く必要がある場合があります。 一方、手話に堪能な人は、高度な教育を受けていなくても職を見つけることができます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?