団長とは?

団長は、多くのサーカスやライブショーの中心人物です。 司会者としての役割を果たし、リングマスターは観客に直接話しかけ、パフォーマンス全体のガイドとして機能します。 古代の布告者と同じように、団長は、観衆を興奮させ、劇的な雰囲気を作ることを意図した詳細な入門スピーチをすることで知られています。

サーカスのセットアップと操作は異なる場合がありますが、サーカスアリーナの従来のレイアウトには、さまざまな行為が行われる、多くの場合リング状のステージングエリアが含まれます。 いくつかの異なる段階があることで、1つの行為がセットアップされ、別の演技が行われ、さらに別の機器の故障またはシャットダウンが同時に行われるため、ショーはスムーズに進行します。 リングマスターは、パフォーマンスについてナレーションやコメントを付けることで、観客の注意を現在の演技に向けることができます。

サーカスの団長は、しばしば彼または彼女の独特の衣装で認識されます。 20世紀初頭から、多くのリングマスターは、大きなシルクハット、手袋、およびコートテール付きのフォーマルコートを含むフォーマルで注目を集めるコスチュームを採用しています。 サーカスの歴史家の中には、この傾向はイギリスのブラックプールサーカスの有名なリングマスターである偉大なジョージ・クロード・ロックハートから始まったと信じています。 コートの色はしばしば明るく、幾分派手です。 ロックハートは有名なピンクのコートを着ていましたが、他のリングマスターは赤、明るい青または緑を着ており、しばしばコートにスパンコールや他のきらびやかな生地をアクセントにしています。

リングマスターは男性でも女性でもかまいませんが、サーカスの図像はほとんど常に、儀式の主人を独特の口ひげを持つ男性として描いています。 ハンドルバー口ひげと呼ばれるこのスタイルは、上唇の上に生えた2本の長い髪の毛で構成され、唇の中央のすぐ上で分けられ、外側にとかされます。 このファッションの起源は不明ですが、ルネサンス期のイタリアの劇場までさかのぼることができます。そこではピエロのキャラクターが同様に明るい服を着、ハンドルバーの口ひげをつけていました。

団長はサーカスワーカーとして最もよく知られていますが、他のパフォーマンスショーには同じ役職の職があります。 馬術ショーでは、リングマスターがショー全体を通して裁判官と役員を支援します。 劇中の舞台監督のように、馬ショーのリングマスターはアクションを進め、新しいクラスが時間通りに準備され、各アリーナが今後のイベントに適切に準備されていることを確認します。 馬術のリングマスターは、サーカスの儀式のマスターに似た衣装を身に着けることがあり、一部の歴史家は、ジョージ・クロード・ロックハートの衣装がこのプラクティスに触発されたと信じています。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?