総資産回転率とは何ですか?

総資産回転率は、会社の総資産とそれらの資産で生成される純売上高との関係を決定する手段です。 基本的に、総資産回転率のポイントは、会社が会社の資産を使用した販売努力で行われた投資に対して公平な利益を実現していることを確認することです。 総資産回転率を定期的に計算することで、企業は改善できるプロセスと手順を特定し、収益を高めることができます。

総資産回転率の計算式は比較的単純です。 最初のステップは、検討中の期間中に発生した純売上高を識別することです。 次に、同じ期間に保有された平均総資産の価値が決定されます。 純売上高の合計を平均総資産で除算し、資産の使用から生じる実際の収益のレベルの簡単なスナップショットを提供します。

特定の期間の総資産回転率を決定する演習を実行すると、いくつかの点で役立ちます。 まず、この計算により、純売上高に基づいて、ある期間から次の期間への純収益の増加を簡単に追跡できます。 第二に、ある期間から次の期間への計算の変動は、生産プロセスをより綿密に見る動機付けとなります。 このアクティビティは、利用可能なリソースをより有効に活用し、同じレベルの商品を生産および販売し、同時に資産の流出を削減する方法に関するアイデアを生み出す可能性があります。

最後に、総資産回転率は、生産プロセスに直接関係しない資産をより有効に活用する方法を示すこともできます。 これには、マーケティングおよび販売リソース、流通機器およびプロセスの利用などの資産、さらには製品のパッケージングのような単純なものも含まれます。 最終的に、総資産回転率を計算するプロセスは、原材料の取得から売却の完了までのすべてのステップで会社の資産を最大限に活用しながら、純売上高で最高を生成するだけです。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?