航空機の減価償却とは何ですか?

航空機の減価償却とは、飛行機または他の種類の航空機がビジネス目的で使用されている間に失われる価値の量を指します。 この減価償却費は、税の報告書に費用として計上する必要があるため、航空機の所有者が適切に測定する必要があります。 航空機の減価償却の額は、航空機の使用方法と適用可能な減価償却方法によって異なります。 航空機の各コンポーネントは異なるレートで減価します。このレートは、所有者が実施するメンテナンスまたはオーバーホールの期間によって影響を受ける場合があります。

ビジネス目的での航空機の使用は高価な費用であり、税法を順守している限り、ビジネス所有者によって償却される場合があります。 航空機が使用されている期間にわたってその価値が失われることを認識することが重要であり、この差は納税申告書で実現されなければなりません。 航空機の減価償却として知られるこのプロセスは、飛行機の所有者が航空機を税目的で支出する際に理解する必要があるいくつかの要因に依存しています。

航空機の減価償却費を測定するときは、航空機の使用方法が不可欠です。 飛行機が個人的な目的で使用されるほど、有利な減価償却の見積もりに利用できる可能性は低くなります。 米国では、内国歳入庁は、減価償却率を決定する際に、航空機が事業活動に不可欠であるかどうかを入念にチェックしています。 飛行機が何らかのパートナーシップとして共同所有されている場合、または賃貸物件として所有者に収入をもたらす場合、減価償却にも影響します。

どの減価償却方法が使用されるかは、税務当局が飛行機の使用をどのように見ているかに依存します。 飛行機の所有者にとってより有利な方法は、所有者が飛行機を購入した年の最大額を償却し、その後毎年連続して減額できるため、定率法です。 対照的に、定額法は毎年航空機の値から同じ金額を減価償却します。 使用する減価償却の方法に関係なく、航空機の所有者は、毎年、減価償却が飛行機の現在の値に適用されることを常に認識している必要があります。

航空機は、いわば、それを構成するさまざまなコンポーネントの平均寿命に基づいて、部分的に減価償却します。 たとえば、機械構造は25年の平均寿命に基づいて減価償却されますが、エンジンとスペアパーツには10年の平均寿命があり、着陸装置はわずか7年の平均寿命です。 さらに、これらの異なる部分を維持したり、それらの価値を高めるオーバーホールを行ったりする努力は、プロジェクトが実施された特定の年の減価償却額に明らかに削減されます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?