原価計算とは何ですか?

原価計算は、ビジネスの実施に関連する全体的なコストを評価するアプローチです。 一般に標準的な会計慣行に基づいて、原価計算は、現在のビジネスモデルの維持に関連するタイプと費用を決定するためにマネージャが利用するツールの1つです。 同時に、特定の変更が実施された場合に、これらのコストの変更を予測するために、原価計算の原則を利用することもできます。

企業のリソースがいかに賢く活用されているかを測定する場合、原価計算は現在の状況に関連するデータを提供するのに役立ちます。 生産コストを特定し、3つ以上の連続するビジネスサイクルごとに生産コストをさらに定義することにより、商品やサービスの生産を大幅に変更したり増加させたりすることなく、生産コストの上昇を示す傾向を記録できます。 このアプローチを使用することにより、変更の理由を特定し、収益に大きな影響を与える前に状況を封じ込めることができます。

製品開発およびマーケティング戦略は、原価計算の利用によっても通知されます。 製品開発に関しては、最終製品を製造するために必要な原材料と労力と設備のコストを考慮して、新しい製品を合理的な価格で製造できるかどうかを判断することができます。 同時に、製品が生産を実行可能なオプションにするのに十分なユニットを販売する場合、マーケティングプロトコルは原価計算を使用して予測できます。

原価計算は、多くのビジネス上の意思決定に役立ちます。 実際のコストと予想される利益を比較することにより、コストアカウンティングは、企業が実際の市場のない製品の発売を避けたり、不要な商品やサービスの購入を防止したり、効率を低下させる方法で現在の運用モデルを変更したりするのに役立ちます。 社内の部門のステータスを評価するために利用する場合でも、新しい場所を開くか古い場所を閉じる可能性を予測するためのツールとして使用する場合でも、原価計算は最終決定に影響を与える可能性のある重要なデータを提供できます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?