二度目の流産を避ける方法は?

2回目の流産は、妊娠前および妊娠中に健康を保つための措置を講じることで回避できます。 これを行うには、医学的な問題に対処する必要があります。 喫煙や路上薬物の使用などの悪い習慣に従事しないようにしてください。 また、正しい食事と運動によって健康的なライフスタイルを生きてください。

ほとんどの場合、流産は予防不可能と見なされます。 原因はめったに明らかにされません。 これを考慮すると、二度目の流産を防ぐためにどのような行動をとることができるかを判断することは困難です。 メリーランド大学医療センター(UMMC)によると、ほとんどの女性は流産後の妊娠に成功しているため、これはあなたにその後の妊娠について運命や絶望感を抱かせてはなりません。

二度目の流産の可能性を高める可能性のある条件がいくつかあります。 その中で、UMMCは糖尿病と甲状腺障害をリストしています。 長期的な症状がある場合は、医師に相談して、妊娠の成功につながるような方法で管理されていることを確認してください。

あらゆる種類の感染は、二度目の流産の可能性を高める可能性があります。 これには、寄生虫によって引き起こされたものや性感染したものが含まれます。 感染していると思われる場合は、妊娠を試みる前に治療を求めて完了する必要があります。

二度目の流産を避けたい場合、対処しなければならない特定の習慣があります。 たとえば、タバコの喫煙をやめたい場合があります。 アルコール飲料を飲むのをやめるのが賢明です。 ストリートドラッグを服用している場合、妊娠しようとしているとき、または妊娠していることがわかったときは、やめるべきです。

赤ちゃんは母親から栄養を得ることに注意してください。 赤ちゃんが発達するのに必要な十分な量の栄養素を摂取していない場合、その影響は致命的です。 必要な食べ物を十分に食べるようにしてください。 また、健康的なライフスタイルを維持するようにしてください。 妊娠中の女性は通常、運動することをお勧めします。

二度目の流産を心配するときは、年齢も考慮する必要があります。 女性が35〜40歳の範囲に入ると、妊娠に失敗する可能性が高くなります。 これは、あなたがその年齢層またはそれ以上の年齢にいる場合、妊娠中に健康になる方法についてのすべての健全なアドバイスに注意することがさらに不可欠であることを意味します。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?