狂牛病の症状をどのように認識するのですか?

牛海綿状脳症(BSE)または新種のクロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)としても知られる狂牛病は、認識しにくい場合があります。 この変性神経障害は、異常なタンパク質であるプリオンと呼ばれる薬剤で汚染された肉の摂取によって引き起こされます。 狂牛病の症状は、しばしば精神医学的な問題から始まります。 その後、認知能力と神経機能の問題が発生します。 残念なことに、症状は一般的に進行し、約1年後に患者の死を引き起こします。

狂牛病の症状を特定することが困難な理由の1つは、汚染された肉製品を消費してから何年も経ってから患者に現れる可能性があることです。 プリオンへの最初の曝露後、数年または数十年にわたって患者が症状を示さなくなる可能性があります。 さらに、狂牛病の最初の症状のいくつかは非特異的であることが多く、患者はこの状態にあると特定される前に他の診断を受ける場合があります。

狂牛病の最初の症状は、しばしば精神医学的な問題です。 うつ病はこの変性疾患の最も一般的な初期症状であり、患者は悲しみ、楽しい活動への関心の喪失、罪悪感、エネルギーの減少を報告することがあります。 一部の患者は精神病の症状を経験し、視覚的または聴覚的な幻覚を持っているか、自分の生活のさまざまな側面について妄想的になります。 その他の精神症状には、不安、不眠症、無関心が含まれます。

罹患した患者に見られる狂牛病の次の症状のいくつかは、認知機能の問題、または適切に考える能力に関係しています。 患者は突然記憶喪失または認知症を発症する可能性があります。 これらの症状は、アルツハイマー病などの認知症を引き起こすより一般的な症候群と区別することが難しい場合があります。 この2つを区別するために、医師は、症状がどれだけ速く進展するか、罹患した患者の年齢を考慮する必要があります。 若い患者での記憶喪失の急速な発症はvCJDとより一貫性があり、一方、高齢の患者での認知症の緩慢な発症はアルツハイマー病である可能性がはるかに高いでしょう。

病気の進行は、通常、神経系の他の要素が関与し続けます。 運動を調節する脳および脊髄の一部の疾患は、不随意運動や筋肉麻痺などの症状を引き起こす可能性があります。 小脳でのこの病気の活動は、バランスの問題や安定した歩行パターンの維持につながります。 顔の感覚と動きに重要な神経である脳神経は、影響を受け、目の可動性の制限、嚥下障害、言語障害などの症状を引き起こす可能性があります。

狂牛病の症状はしばしば急速に進行し、発症から約1年後に死亡します。 患者は、呼吸に関与する筋肉が適切に機能しなくなった後に亡くなる可能性があります。 その他の死因には、感染または心血管系の不全が含まれます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?