エージェントオレンジとは異なる出生障害とは何ですか?

エージェントオレンジの先天異常には、神経管欠損、口唇口蓋裂、余分な指、知的障害が含まれます。 これらは、この化学物質の重要な成分の1つであるダイオキシンによって引き起こされます。 このテーマに関する研究の多くは、ベトナム戦争中にこの枯葉剤にさらされたベトナム退役軍人とベトナム人からの報告を含んでいます。 航空機は、戦争中に大量の除草剤を投下し、ベトナム軍兵士が利用できる植物カバーを制限しました。

胎児の発達の初期に出現する構造である神経管が適切に形成されない場合、神経管の欠陥が生じます。 脳が完全に形成されない二分脊椎や脳梗塞などの状態は、エージェントオレンジの先天異常の例です。 他の子供たちは、脳の異常のためにさまざまな程度の障害を引き起こす可能性のある知的障害を持っているかもしれません。 口唇裂および口蓋裂は、胎児の発育に伴う問題の結果としても発生します。 これらの状態は、治療が困難で困難な場合があります。

エージェントオレンジの先天性欠損症により、患者は多指症を発症し、余分な指とつま先があります。 これは手術で治療でき、永続的な問題を引き起こすことはありません。 ヘルニアも一般的であり、手術でも管理できます。 流産と死産はまた、生命と両立しない先天性欠損症によって引き起こされる化学物質曝露の潜在的な合併症です。 懸念のある親は、妊娠の悪い結果の後に医学的評価を求めて、考えられる原因を探ることができます。

エージェントオレンジの先天性欠損症に関する研究は、どちらかのパートナーが化学物質にさらされたときに発生する可能性があることを示しています。 男性は、曝露後に精子に問題を経験する場合があり、曝露後数週間は欠陥のある精子を運ぶ可能性があります。 妊娠中にエージェントオレンジと接触する女性は、曝露のタイミングと強度に応じて、先天性欠損症の子供を産むことがあります。 この化学物質は、先天性欠損症の一因となる慢性的な健康問題を引き起こす可能性もあります。

これらの先天性異常の多くは、超音波検査で見ることができるため、出生前スクリーニングで診断できます。 場合によっては、曝露の状況に応じて、エージェントオレンジの先天性欠損症の人々が、政府または労働者の補償基金から補償または支援を受ける権利を得る場合があります。 このような先天異常のある子供の親は、医師とオプションについて話し合うことができます。 補償は、特にエージェントオレンジへの曝露の結果として生涯にわたる支援を必要とする複雑な障害が発生した場合、手術や子供を支援するための他のニーズの支払いに役立つ場合があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?