アルコールの脳への影響は何ですか?

脳へのアルコールの影響は膨大であり、大量のアルコール飲料を摂取すると有害です。 脳の基部にあるアルコールは、小脳に深刻な影響を与え、小脳は人の総運動機能の大部分を制御します。 また、脳の中心に存在し、記憶を保存する海馬の機能を変える可能性があります。 他の機能の中で計画と判断に責任がある前頭葉の正常な機能も乱される可能性があります。 アルコールが脳に与えるこれらの影響は、適度に消費されると一時的なものになりますが、アルコールの消費が長期的に乱用されると、この物質はこれらの部分のサイズと機能を永久に変えて損傷する可能性があります。

アルコールは血流を介して比較的速く脳に移動します。 中に入ると、アルコールの脳への影響が明らかになります。 十分に消費されると、物質は小脳の機能を減速し始めます。これは、大脳で発達した思考を運動に変換する責任があります。 これにより、物体の歩行や取り扱いが困難になり、車両を操作する能力が損なわれる可能性があります。

海馬は、アルコールに大きく影響される脳の別の領域です。 脳のこの部分には、短期および長期の記憶、および空間ナビゲーションとして知られる周囲を移動する能力が保存されます。 アルコールが脳のこの部分に入ると、人は時間の感覚を失い、飲酒前に知られている情報を一時的に忘れるか、アルコールがシステムを離れると飲酒の知識を失います。 空間ナビゲーションへの影響は、不器用な飲酒をしている人を作る傾向があり、歩行中に物体にぶつかったり、旅行したり、曲がったりすることがあります。 運転中、脳へのアルコールの影響により、海馬への損傷が原因で実際​​よりも遠くまたは近くにオブジェクトが表示されます。

前頭葉は、いくつかの異なる部分で構成される脳の大部分であり、主に自分の行動の結果を認識する責任があります。 アルコールが前頭葉を乱し始めると、人は多くの場合、多くの人が悪い判断と見なす傾向になりやすくなります。 前頭葉が危険にさらされると、多くの人々は、アルコールの使用に応じて一時的または永久的に、善悪を解読する能力を失い、同時に、自分の行動がその時点または他の人にどのように影響するかを理解する能力を失います将来は。

小脳、海馬、および側頭葉の脳に対するアルコールの影響は、適度な摂取でも発生する可能性がありますが、アルコールの慢性的な乱用は実際に脳のこれらの部分を縮小させる可能性があります。 また、これらの部品やその他の部品の機能方法を変えることもできます。 これにより、制御不能な振戦や短期記憶の完全な欠如など、運動と記憶に永続的な問題が生じることがよくあります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?