線維軟骨とは?

線維軟骨は、I型コラーゲンが非常に豊富な軟骨の一種で、膝の半月板、恥骨結合、椎間板などの領域に見られます。 このタイプの軟骨は特に丈夫で耐久性があるため、これらの特性が必要な領域に現れます。 裂傷の形で損傷する可能性があり、線維軟骨の裂傷を修復するか、または裂傷が発生した領域を安定させて治癒するために手術が必要になることがよくあります。

この形態の軟骨は、検査時に顕微鏡下ではっきりと見える強靭なコラーゲンの束によって特徴付けられます。 束には、軟骨細胞を含む裂け目が散在しており、軟骨には、軟骨の他の成分とともに、I型およびII型コラーゲンの混合物が含まれています。 コラーゲンの束は、線維軟骨を非常に丈夫にするものの一部です。 個々のストランドが破損する可能性がありますが、他のストランドは強度と支持構造を保持して軟骨の損傷を防ぎます。

脊椎に沿って、脊椎を保護すると同時に脊椎を保護する線維軟骨が必要です。 関節のある脊椎があると、生物は曲がりますが、各関節に脆弱性も生じます。 線維軟骨は、脊椎と脊椎の関節を支え、衝撃を吸収し、脊椎を曲げたりねじったりしたときに脊椎がスムーズに動くように関節面を作成します。

恥骨の一部を構成する軟骨関節である公共の骨結合では、線維軟骨が関節を一緒に保持しますが、妊娠中に軟化して引き離されて、拡大する子宮が適合するようにすることもできます。 陣痛および分娩中に、さらに引き離されて、赤ちゃんが出られるようになり、妊娠後に再び引き締めて骨盤を安定させます。 この軟化は、リラキシンとして知られるホルモンの放出に応じて起こります。

膝などの関節では、線維軟骨は関節の関節運動に関与し、同時に関節も保護します。 このタイプの軟骨は他のいくつかの関節に出現し、多くの使用が見られ、他の形態の軟骨よりも裂けやすく、分離しにくいため、大きな衝撃を受ける可能性があります。 関節の軟骨の問題は、関節の痛みや痛み、こわばり、軟骨の詰め物がすり減るにつれて最終的に骨が損傷するなどの問題につながる可能性があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?