型変換とは

型変換は、型の整理の一種であり、特定のエンティティのデータ型を別のデータ型に変更するコンピューターサイエンスおよびコンピューターソフトウェアプログラミングで使用される手法です。 型パニングの概念は、プログラミング言語の指定された型システムを回避するようになったため、プログラミング言語の正式な定義の範囲内で行うことが困難な特定の効果を達成できます。 型変換の最も一般的な形式である型変換は、事実上すべてのプログラミング言語で可能ですが、一部の言語では、結合や再解釈などの型の破棄の追加メソッドが提供されます。 とにかく型変換が頻繁に使用されている場合でも、一部のプログラミングスタイルガイドでは型の破棄を推奨しています。

型変換は、使用されているプログラミング言語に応じて、型キャストまたは強制と呼ばれることもあります。 各プログラミング言語には、型変換を正常に使用する方法に関するルールがあります。 一般的に、変換は基本型またはオブジェクトのいずれかで実行できます。

いくつかの基本的なデータ型またはデータ型のクラスがあります。 数学演算で使用される一般的なデータ型の1つは整数、または単純な数値で、幅のビット数に応じて数千または数百万の範囲になります。 たとえば、32ビット整数の範囲は0〜4,294,967,295、または-2,147,483,648〜2,147,483,648です。 別のタイプは浮動小数点数で、基本的には小数点付きの任意の数です。

アルファベット文字や句読点などの単一の文字も、データ型として使用できます。 文字列データ型は、ブレークなしの数字または文字のグループまたはシーケンスです。 文字列の長さは任意ですが、そのサイズまたは制限は通常プログラミング言語で定義されています。 最も古いデータ型はブール値で、単純にtrueまたはfalseです。 他のタイプのクラスには、代数、関数、マシンデータ、オブジェクトが含まれます。 たとえば、オブジェクト指向言語では、オブジェクトの祖先は親オブジェクトのタイプを使用できるため、相互のやり取りがよりスムーズになります。

特定のプログラミング言語の規則が考慮されるまで、型変換の詳細は実際には作用しません。 一部の言語の規則では、型変換が暗黙的か明示的かをさらに規定しています。 暗黙的な型変換は最も頻繁に強制と呼ばれ、通常、プログラムがソースコードから実行可能プログラムにコンパイルされるときに行われます。 これは、たとえば、式で複数のデータ型が使用され、比較が実行される場合に発生する可能性があります。 型変換は暗黙的であると見なされ、コンパイラはそれを自動的に処理します。 明示的な型変換は、プログラムのコードで定義されます。 Cプログラミング言語では、暗黙的な型変換を強制と呼び、明示的な型変換をキャストと呼びます。

一般的な型変換の簡単な例は、コンピュータープログラムの数値の数学的操作です。 入力として10進数、浮動小数点データ型を受け取るコンピュータープログラムは、数値を整数データ型に変換して数学演算を実行する必要がある場合があります。 この変換により、操作を続行できます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?