最高の粘着マットを選択するにはどうすればよいですか?

最適な粘着マットを選択するには、製品の厚さ、使用目的、サイズを考慮する必要があります。 さらに、使い捨てマットまたはプラスチックマットタイプが用途に適しているかどうかを評価する必要があります。 これらの粘着マットにより、作業員は靴の底にある汚染物質を運ぶことなく、通常のワークスペースとクリーンルームの間を移動できます。 マットの接着剤、または粘着性の部分は、靴から汚染物質をつかみ、破片を所定の位置に保持します。

考慮すべき主な要因の1つは、マットの厚さです。 マットの大部分は、取り外し可能な接着剤層を使用しています。 マットの上を歩いている労働者が粘着感を感じなくなったら、最上層を剥がすだけで新しい粘着シートが現れます。 歩行者が多いクリーンルーム事業者は、多くの層を持つ粘着マットに投資する必要があります。 その結果、層がより頻繁に剥がれる場合でも、マットは長持ちします。

一部の接着マットには、カーペットの一部が追加されています。 このカーペットは靴から大きな破片を引っ張り、付着した粘着部分は残りの小さな破片を靴から引き離します。 カーペットと接着剤の組み合わせは、従業員が屋外から泥や泥を追跡している場合に特に役立ちます。

マットの目的が危険物の近くに設置される場合、有毒物質の偶発的な流出に耐えられる耐久性のあるマットを購入するのが最善です。 いくつかの安価な粘着マットは、危険な液体によって損傷を受ける可能性がある非常に薄い層で構成されています。 その結果、マットが正しく機能せず、クリーンルーム領域内に汚染物質が持ち込まれる可能性があります。 危険な化学物質を使用した実験室での作業など、特に危険なビジネス慣行では、硬い材料の厚い層が必要になる場合があります。

小さい粘着マットはより予算にやさしいですが、クリーンルームに出入りするすべての人が完全に靴を洗うことができるように、大きなマットは投資する価値がある場合があります。 不適切なサイズの接着マットは簡単に乗り越えられるため、汚染物質がクリーンルームに侵入します。 クリーンルームのスペースの汚染は、より大きな粘着マットサイズの購入を修正するのにより多くの費用がかかります。

新しいマット製品の中には、使い捨てシートを使用しないものがありますが、実際には、特別に設計されたプラスチック樹脂を使用して表面層に破片を付着させます。 これらのマットは、プラスチック内にごみが蓄積されたときに清掃して再利用できます。 クリーニング後、マットは再び自由に使用できます。 埋め立て処分される使い捨てのシートがないため、これはより環境に優しいマットの選択です。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?