有機溶媒のさまざまな用途は何ですか?

有機溶剤は、農薬や毒物の厳密な監視を必要とする有機果物や野菜とは異なります。 むしろ、それらは炭素を含む溶媒、またはそれ自体または他の物質に溶解する液体です。 洗浄液から塗料用シンナー、接着剤、殺虫剤に至るまで、有機溶剤の産業用途はさまざまです。 環境に危険な有機溶媒(揮発性有機化合物(VOC)として知られる溶媒)は、通常、厳格な法律の下で使用され、企業がそれらを使いすぎないようにしますが、法律は地域によって異なります。

クリーニング業界、およびそのプロセスが汚れまたはネバネバしたものの蓄積をもたらす業界では、このビルドアップを溶解する有機溶剤を使用して、部品の動作を維持したり、家や他の建物の清掃を支援します。 クリーニング業界で使用される溶媒のいくつかは、アセトン、n-ヘキサン、テトラクロロエチレン、ペルクロロエチレンです。 溶媒は材料を溶解するか材料に溶解するために作られ、洗浄は溶媒の自然な機能を果たすため、業界での溶媒の使用は明らかです。

接着剤業界では、有機溶剤はキャリア液として機能し、使用するまで溶剤が液体のままでいるのを助けます。 この業界の一般的な溶媒は、メチルエチルケトン、トリクロロエタン、キシレンです。 これらの溶媒を使用しないと、接着剤は使用前に乾燥してしまいます。

スプレー殺虫剤と液体殺虫剤は、溶媒を使用して、キャニスターから昆虫がin延している地域に毒を運びます。 この業界の有機溶剤は、毒液が単独の液体として残るようにするため、またキャニスターから殺虫剤を推進するために使用されます。 有機塩素と有機リン酸塩は両方ともこの用途で使用される溶媒です。

塗料業界では、いくつかの用途に有機溶剤を使用しています。 厚い塗料での作業を容易にするシンナーは、トルエンを使用します。 ベンゼンは、ペイントリムーバーで使用される一般的な溶剤です。 塗料自体を作成するには、二硫化炭素、キシレン、トルエンなどの溶剤の使用も必要です。

有機溶剤はさまざまな産業用途で広く使用されていますが、これらの溶剤のほとんどすべてがVOCであるため、人間、動物、植物、および環境に有害です。 つまり、ほとんどの地域にはVOCの法的レベルを規定する法律があり、企業がこのレベルを満たしていない場合は、揮発性成分を適切に削減するためのガイドラインがあります。 VOCおよび他のほとんどの溶剤の周りで働く人々は、肺、心臓、および他の臓器が影響を受けないようにするために、揮発性溶剤への暴露を制限するために防護服を着用する必要があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?