ウォータージェット切断の危険性は何ですか?

ウォータージェット切断は、製造業界で一般的に広範囲の材料を切断するために使用されます。 ウォータージェット切断には、セラミックからチタンまですべてを切断できる高圧の水流が含まれます。 場合によっては、ジェットは、きれいなカットのために研磨材と組み合わされますが、これは必須ではありません。 ウォータージェット切断は、ブレードやレーザーでは切断できない材料を切断するための優れたツールであり、適切に使用すると、製造プロセスへの優れた付加物となります。

人体よりもはるかに密度の高い材料を切断するように設計されたほとんどの工業プロセスのように、ウォータージェット切断には多くのリスクがあります。 怪我を防止するために、オペレーターの側では細心の注意と適切なトレーニングが必要です。 ウォータージェットの切断は、酔っている人、疲れているか病気であるか、他の規制物質の影響下にある処方薬を損なう判断を下す人によって行われるべきではありません。

ウォータージェット切断に関連する一般的な危険は、目の損傷です。 人間の目が高圧の水にさらされた場合、角膜の傷、網膜の剥離、または完全な脱臼が起こることがあります。 角膜の損傷は治癒する可能性がありますが、網膜の剥離または目の変位は失明につながる可能性があります。 速い治癒の間、目は強い力にさらされると繊細な器官であり、ウォータージェットカッターを使用している間はしっかりした目の保護具を着用することをお勧めします。

また、ウォータージェット切断は、騒音が大量に発生するため、持続的なレベルで聴覚を損なう可能性があります。 ウォータージェットを操作するときは常に耳の保護具を着用し、ユーザーはデシベルレベルに注意してください。 大量の音に長時間さらされると、耳鳴り、難聴、そして最終的に難聴につながる可能性があります。 ほとんどの騒音曝露による損傷は累積的で遅いため、ユーザーは手遅れになるまで聴覚の損傷の程度に気付かない可能性があります。 ウォータージェット切断オペレーターには、定期的な聴力検査を強くお勧めします。

ウォータージェット切断で使用される材料は、特にジェットが研磨剤と混合されている場合、オペレーターに危険をもたらす可能性もあります。 オペレーターが有毒物質を切断している場合、ウォータージェットがそれを通り抜けるときに物質の粒子や破片にさらされる可能性があります。 金属の小さな粒子も皮膚に浸透し、対処しないと不快感や感染を引き起こす可能性があります。 露出を避けるために、ワークスペースを清潔に保つことが重要です。

ウォータージェット切断に関連する別の主要なリスクは、ジェットとの不注意な接触に関連する、特に四肢への深刻な損傷です。 ウォータージェット切断は、非常に硬い材料を切断するために使用され、不注意なオペレーターから手足を完全に取り除くことができます。 より一般的には、ジェットにさらされると、深い刺し傷と内部のあざや出血が生じます。 外部からの損傷がない場合でも、ウォータージェットによる損傷の後、迅速な医療処置を受ける必要があります。

ウォータージェット切断の練習中に怪我をしないように、目と顔の保護、手袋、耳の保護、およびウォータージェットとのかすかな接触から身体を保護する重い衣服を着用してください。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?