燃焼機器の種類は何ですか?

燃焼装置は、空気中の酸素と組み合わせて燃料源を燃焼させて熱とエネルギーを生成するように設計された機械で構成されています。 さまざまなタイプの燃焼機器には、炉、ボイラー、タービン、エンジンが含まれます。 設計は、石油、天然ガス、石炭、木材などの燃料源によってさらに特定できます。

炉、または直火ヒーターは、ある種の燃料の燃焼によって熱が生成される密閉チャンバーの一種です。 送風機は加熱室に空気を導入し、そこで燃料と結合して燃焼します。 炉を使用して、熱そのものの熱エネルギーを生成し、機械エネルギーに変換してプロセスを駆動したり、発電所のように電気エネルギーに変換したりできます。 生成された熱は、水、空気、または伝熱油で満たされたチューブを介して、炉から運び去ることができます。

ボイラーは、蒸気または温水を生成して工業プロセスを実行したり、建物に熱を供給したりする燃焼機器ユニットです。 工業用ボイラーの主なタイプは、水管と火管です。 水管ボイラーは、燃料が燃焼する炉室を通る管に水を通します。 燃焼熱は管壁を伝わり、水を加熱して蒸気を生成します。 火管式ボイラーは、燃料の燃焼によって生成された加熱ガスを、水で満たされたチャンバーを通過するチューブを介して送ります。

タービンは、気体または液体の動きによってブレードまたはベーンの回転により動力を生成する機械です。 ガスタービンはコンプレッサーを使用して加圧空気を生成します。 燃料と混合された圧縮空気の燃焼により、ローターを動かす高圧ガスが生成されます。 このタイプの燃焼機器は、小容量の発電所やジェットエンジンに見られます。

内燃機関は、密閉された空間で高圧下で燃料に点火することでエネルギーを生成します。 燃料の燃焼によって生じるガス膨張は、クランクシャフトまたはローターを動かすための機械的エネルギーに変換されます。 これらのエンジンは、自動車、発電機、ポンプ、フォークリフト、およびその他の産業機械を駆動します。

さまざまな種類の燃焼機器でさまざまな燃料が使用されています。 液体石油製品は、エンジンおよびタービンで最も一般的な燃料源であり、ガソリン、灯油、ディーゼル、およびバンカー燃料などのより重い残留物が含まれる場合があります。 大量のボイラー、特に建物の熱を生成するボイラーは、天然ガスで燃焼されます。 石炭を燃やす発電所は、世界中で使用されるエネルギーのかなりの割合を生成します。 木材燃焼炉は産業用途ではあまり一般的ではなく、住宅での使用で見られる可能性が高くなります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?