乾燥接着剤の種類は何ですか?

乾式接着剤は、水や他の物質を使用せずに2つのオブジェクトを接着するために使用される物質で、多くの場合、ラテックスとシリコーンを使用して作成されます。 通常、乾燥接着剤の種類は、硬いまたは伸縮性のある平らな接着パネル、またはディスペンサーで一般に販売されているか、またはロールに形成された柔軟なテープの形で提供されます。 いくつかのタイプの乾燥接着剤は、接着剤ローリングメカニズムを使用して、または接着剤を保護しているフィルムを取り除いた後、表面に接着パネルを適用することによりロールオンできます。 このタイプの接着剤は、ほとんどの人が使い慣れている標準の接着剤ボトル、ペースト、接着剤スティックなどの湿潤接着剤とは対照的です。 さまざまなタイプの乾燥接着剤が、管理作業、作成、および床材の設置に使用されます。

フローリングの設置には、一般に1種類の乾燥接着剤が使用されます。 乾式フローリング用接着剤は、ビニールやカーペットなど、さまざまなタイプのフローリングを接着できます。 導電性接着剤と呼ばれるフローリング用接着剤のいくつかのタイプは、フローリング内の静電気の蓄積を制御するために特別に設計されています。 導電性接着剤は通常、導電性フローリングと組み合わせて使用​​され、歩行者の静電気による電気ショックの機会を減らします。 静電気に強いフローリングは、不正な静電気によって損傷する可能性のある繊細な電子機器を扱う職場では不可欠です。

事務作業で使用される乾燥接着剤ディスペンサーは、一般に、写真をアルバム内に固定するように、平らなものを互いに貼り付けるために使用されます。 これらのローラーは一般的にスクラップブッキングにも使用されます。スクラップブッキングは、アーティストがメメントオブジェクトをマウントし、オブジェクトを補完し、記憶を表すページをデザインする民芸スタイルです。 スクラップブッキングおよび事務用のローリングドライ接着剤ディスペンサーは、永久または一時的な接着剤である場合があり、一般に美術工芸品または事務用品店で購入されます。 これらのディスペンサーのほとんどは、タイプライターの間違いを手動で修正するために使用される修正テープディスペンサーによく似ていますが、紙にくっついて間違いを隠すための物質ではなく、両面に粘着性の接着剤を使用します。

芸術の世界では、乾燥接着剤は接着フィルムまたは取り付けフィルムとも呼ばれます。 これは、接着剤を覆う2枚のシート(片側に1枚)を備えたフィルムです。 取り付けフィルムを取り付ける準備ができると、一方の面がアートにくっつき、もう一方の面が取り付けられる表面にくっつきます。 芸術作品を保存しようとする真剣な芸術家は、長期にわたってマウントされた素材に変色を引き起こす可能性が低い無酸性のマウントフィルムを探します。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?