医療廃棄物サービスの種類は何ですか?

医療廃棄物は、病院、診療所、歯科医院、または診療所の運営の不幸な副産物です。 さまざまな体液、固形物、手術器具は、環境を汚染したり病気を広めたりしないように、特定の方法で廃棄する必要があります。 これらの施設からの広範囲の廃棄物を処理する4つの主要な医療廃棄物サービスがあります。 焼却、蒸気滅菌、下水システムへの現場での廃棄、および現場外での処理は、それぞれ特定の種類の廃棄物を処理します。

焼却は、医学界で利用可能な最も一般的で最も古い形式の医療廃棄物サービスの1つです。 このサービスは、病院などの大規模な医療施設の敷地内で実行されるか、医療廃棄物管理会社によって処理されます。 医療廃棄物焼却炉は、すべての細菌、微生物、バクテリアが火に入る物理的アイテムとともに破壊されるほどの高温に達する大きな炉です。 一般に、焼却は、身体部分や臓器などの病理学的廃棄物のために確保されています。これらのアイテムを安全に廃棄する方法は他にほとんどないためです。

蒸気滅菌は、医療廃棄物を処理するもう1つの方法であり、ほぼすべての機関が自ら処理します。 これらの医療廃棄物サービスは、多くの場合、微生物や汚染された手術器具に対抗するために実施されます。 蒸気滅菌は、感染したアイテムを密閉された大きな金属製の容器に入れます。 容器内では、圧力鍋とは異なり、蒸気の圧力と熱が加えられ、有害物質は高温によって中和されます。 医療機器の場合、これらのアイテムは実際に再使用しても安全です。

多くの医療廃棄物の副産物はそれほど危険ではなく、一般の公共廃棄物システムに再導入できます。 人間の血液や体液のような液体廃棄物は化学的に処理され、下水処理施設でさらに処理するために下水システムに放出されます。 これらの医療廃棄物サービスは、プロセスが比較的単純であり、危険レベルが低いため、通常は医療施設によって実行されます。

最後に、多くの複雑な医療廃棄物サービスは、専門のオフサイト処分会社によって実行されます。 これらの組織は、清潔で専門的な方法で廃棄物を処理することに特化しています。 多くの場合、これらの企業は、血液や遺体など、医療機関が処理できない大量の廃棄物を処理しています。 これらのサービスプロバイダーには、これらの潜在的に有害な要素を処理するためのいくつかの方法があります。 大規模焼却はこれらの会社が提供する1つの選択肢であり、別の選択肢は安全な埋め立て地に安全に廃棄物を封じ込めて埋めることです。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?