ウレタン接着剤にはどのような種類がありますか?

ウレタン接着剤は、事前に混合された単一成分製品、または使用前に混合する必要がある2液型接着剤として購入できます。 構造用接着剤業界では、これらの非反応性接着剤または反応性接着剤と呼ばれています。 添加剤を両方のタイプのウレタン接着剤と混合して、それらをより強くすることもできます。

非反応性クラスの接着剤では、ウレタン接着剤は水ベースまたは溶剤ベースです。 3番目のタイプはホットメルトと呼ばれ、溶剤ウレタン接着剤に関連しています。 違いは、冷却すると接着特性が反応することです。 この接着剤は、薄い接着剤が必要な場合に2つの表面をラミネートするのに適しています。 溶剤と水ベースの製品は、ユーザーが結合したい材料の両面に適用されます。

反応性ウレタン接着剤は通常、ポリマーベースと硬化剤を含んでいます。 2つの物質が混合されると、化学反応が起こり、接着剤に強度が与えられます。 一液型接着剤は、空気中の水分を硬化剤として使用します。 反応性ホットメルト製品は低融点を含んでおり、冷却すると固体に変換され、大気中の水分にも反応します。

ウレタン接着剤は強力で柔軟性があると考えられています。 それらは拡大および縮小することができ、一般的に堅木張りの床などの接合部がある領域に適しています。 用途に応じて、ウレタン接着剤は厚くても薄くても購入でき、パテナイフ、こて、コーキングガン、またはブラシで塗布できます。 一部の接着剤は素早く固まりますが、他の接着剤は固まるまでの作業時間が長くなります。

これらの接着剤は、コンクリートと木材などの異なる材料で作られた2つのアイテムを接着するときに効果的です。 多くの車両のフロントガラスは、ウレタン接着剤で固定されています。 また、靴産業、建設、木工プロジェクト、およびセラミックでも一般的に使用されています。 特定の種類のウレタン接着剤は、布地などの多孔質表面に浸透できます。

一部の人々は、耐摩耗性と耐薬品性に​​優れているため、ウレタン接着剤を好みます。 また、塩水や温度の変動に対して耐性があるため、外部プロジェクトにも適しています。 これらの接着剤のほとんどは、最高250°F(121°C)の温度に耐えることができます。

健康上の理由から、ウレタン接着剤を長期間使用する場合は、適切な換気をお勧めします。 製品を目や皮膚に近づけないように注意してください。 メーカーは、発火の原因となる可能性のある熱、炎、または火花の近くでこれらの接着剤を使用することにも注意を払っています。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?