超硬ビットとは?

超硬ビットは、特殊な金属合金で作られた工具アタッチメントの一種です。 炭化物は適切に炭化タングステンと呼ばれ、これら2つの材料の特定の組み合わせです。 工具ビットの実際の定義はわずかに異なりますが、加工された材料に接触するのは常に工具の特定の部分です。 超硬ビットは鋼よりもはるかに硬いですが、より脆いです。 その結果、多くのより大きなビットは、超硬合金またはろう付けされた炭化物の先端を持つ鋼で作られています。

タングステンカーバイドは、タングステンと炭素の混合物です。 合金が作成されると、通常、灰色の微細な粉末として作成されます。 この粉末は、修正されたダイカストプロセスを使用して、所望の形状に圧縮されます。 新しい材料に硬化した後、この材料は非常に硬く、他の金属を溶かす熱に耐えることができます。

その一般的な形では、炭化タングステンは非常に脆い。 金属自体は非常に硬いですが、超硬プレートはわずかな衝撃でも壊れることがあります。 この問題を相殺するために、タングステンカーバイドはしばしば金属コバルトと組み合わされて超硬合金を作ります。 形成プロセスの間、コバルトは炭化タングステンよりもはるかに低い温度で液化します。 これにより、液体金属が炭化物に「浸透」し、強度が大幅に向上します。

ツールビットの実際の定義は、いくつかの議論の問題です。 一部のサークルでは、ビットは、旋盤の刃やシェーピングマシンのヘッドのような非回転切削工具です。 他の場所では、ハンドヘルドドリルのドリルパーツなど、取り外し可能または交換可能なツールピースです。 両方の定義には共通点が1つあります。ビットは加工された素材と直接やり取りする部分であり、素材への変更はビットだけで行われます。

製造業者は、材料または製造プロセスで高い公差または精度が必要な場合、超硬ビットを使用します。 これらのビットは、硬化鋼や炭素鋼など、材料が通常のビットでは適切に機能しないほど硬い場合によく使用されます。 それが一般的なビットの構成要素であるため、素材を加工するのはそれほど難しくありません。 通常、同じ素材の2つの部品間の相互作用により、両方の部品が台無しになります。

超硬ビットのもう1つの一般的な理由は、加工中の材料がプロセスの前またはプロセス中に非常に高温にさらされる必要がある場合です。 超硬ビットは鋼よりも高い温度に耐えることができるため、高温の状況でよく使用されます。 これは、高速研削などで、作業プロセスによって生じる摩擦が鋼片を溶かすのに十分な熱を生み出す場合にも当てはまります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?