ディーゼルフォークリフトとは何ですか?

ディーゼルフォークリフトは、パレットまたは他の重い物体を持ち上げるために使用される車両で、バッテリーやガソリンではなくディーゼル燃料で動きます。 ディーゼルエンジンは通常、ヘビーデューティアプリケーションで使用するために設計された大型のマシンで使用されるため、ディーゼルフォークリフトは他のモデルよりもはるかに大きくなる可能性があります。 また、常にそうであるとは限りませんが、かなり重い荷物を持ち上げることができる可能性があります。 エンジンでのディーゼル燃料の使用は、バッテリーだけでなくガソリンエンジンと比べていくつかの長所と短所を機械に与えます。

ディーゼルエンジンはスパークプラグを使用しません。 代わりに、燃料はシリンダー内で加熱され、ほとんどの場合、ディーゼル燃料の燃焼はより効率的です。 また、より多くのトルクを生成するため、大型の作業指向の車両に有利です。 ディーゼルフォークリフトは、出力とトルクの生産が重要な農業や産業の設定で使用される可能性があります。 ただし、ディーゼル燃料はガソリンよりも高価になる傾向があるため、ディーゼルフォークリフトを運転するのが常に費用対効果が高いとは限りません。

他のタイプのフォークリフトと同様に、ディーゼルフォークリフトは、空気入りタイヤまたはソリッドゴムタイヤを備えています。 これは通常、フォークリフトが使用されるアプリケーションに依存します。 倉庫や工場の床でも通常はソリッドゴムタイヤが必要になりますが、建設現場や農業環境でよく見られる凹凸のある表面には、安定性と操縦性を促進するために空気入りタイヤが必要です。 マシンのサイズによって、使用するタイヤの種類が決まる場合もあります。 テレハンドラーフォークリフトは、主に屋外で使用される一般的なタイプのディーゼルフォークリフトであり、安定性とステアリングのための空気タイヤを備えています。 このタイプのフォークリフトは、従来のフォークリフトよりもはるかに高い高さまで荷物を持ち上げるために使用されます。

ディーゼルフォークリフトの欠点の1つは、排気ガスの生成です。 これらのヒュームは、ガソリンエンジンからのヒュームよりも濃厚で一般的です。 バッテリー式リフトは排気を発生させません。 この厚い排気の存在により、ディーゼルリフトは屋内の設定には適していませんが、多くの近代的なモデルは排気の生産を大幅に削減しています。 ディーゼル排気は、息を吸ったり、目と接触すると非常に有害です。 これは通常、屋外の環境では問題になりませんが、過度の排気を引き起こす機械は屋外でも問題になる可能性があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?