製材工場とは?

製材所とは、単に木を木材に加工したり、建築やその他の目的で使用する木材の板にしたりする場所です。 製材所とも呼ばれる製材所は、大規模な製造工場から、木材の長い部分を切断して平らな部分に平らにすることができるブレードを備えた小型で単純な手動機械まであります。 製材所の技術と効率は劇的に変化しましたが、製材所は何世紀もの間存在していました。

アメリカ合衆国では、植民地化から間もなく製材工場が導入されました。 熟練したヨーロッパの労働者が森に製材所を設置しました。 牛と馬を使って木を製材所に引き寄せ、その木材をその場で加工しました。 これらのタイプの製材所は小さくて持ち運び可能で、生産を容易にするために森に持ち込むことができました。 植民地への製材所の導入により、都市や町の発展が加速し、集落の建設がより簡単かつ迅速になりました。

木材の需要が増加するにつれて、固定された場所に建設されたより恒久的な構造物が現れ始めました。 多くの場合、たとえばニューヨーク州のハドソン川沿いでは、丸太は処理のために川に沿って工場に流れていました。 ログを下流に送るプロセスは川の運転と呼ばれ、特に危険な仕事でした。 怪我や死亡は珍しくありませんでした。 円形ブレードの導入が工場を襲い、生産が劇的に増加しました。 しかし、刃は損傷を受けやすいため、刃を機能させるには鋸刃が必要でした。

初期の製材工場の構造のいくつかは水力でした。 長くて平らな刃は、動く水車の動力で前後に動き、丸太を切り裂きます。 これらのタイプのミルは、大理石などの石の切断によく使用されました。 その後、製材所は風で駆動され、風車に組み込まれてクランクシャフトを駆動しました。 どちらのタイプの電源でも、ブレードのみが移動しました。 可動式の給餌システムが開発されるまで、丸太は手でブレードを通して給餌する必要がありました。

技術が進歩するにつれて、ソーイング方法も進歩しました。 蒸気動力が容易に利用可能になったとき、製材所はこのタイプの動力に移行しました。 このような操作には燃料がすぐに利用できましたが、機械の操作コストも増加しました。 これにより、大型の製材所と、小型で持ち運び可能な独立所有の工場が少なくなりました。 今日、工場は電気を含む多くの異なる電源から電力を供給されています。 それらは主にコンピューター化されており、プロセスをより効率的にしています。 ガソリンを動力とする小型の工場はまだ存在していますが、まれであり、費用対効果があまり高くありません。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?