機械室とは

機械室は、さまざまな機械装置、特に建物内の環境を制御するために使用される装置を収容する部屋です。 ボイラー室と呼ばれることもあります。ボイラー室とは、ボイラー室に収容されるボイラーのことです。 これらのアイテムと組み合わせて使用​​される電気機器、および安全機器も通常この部屋にあります。

機械室にある特定の機器は、それが置かれている特定の建物に必要なものと、現地の建築基準法によって異なります。 たとえば、ボイラーは、パイプを介して建物に供給される水を加熱して空気を加熱するか、キッチンなどで直接使用します。 チラーチューブとコンプレッサーを使用して、冷却目的で建物全体に冷水を循環させることができます。 スケール付着物を最小限に抑え、水が循環する機器の効率を向上させるために、軟水器または浄水器も存在する場合があります。 伝熱コイル、ポンプ、ファン、モーター、および他の多くのアイテムも機械室にあります。

機械室の設計上の考慮事項には、適切な機器レイアウトと効果的な排水が含まれます。 定期的にスケジュールされた保守および修理のための十分なスペースがあるように、機器をレイアウトする必要があります。 部屋の十分な換気は、ボイラー、給湯器、温水パイプなどの機械装置の過熱を防ぐのに役立ちます。 部屋の床は、排水口に向かって適切に傾斜し、結露や有害な化学物質が集まる可能性のある窪みがないようにする必要があります。 地下室に機械室がある場合など、状況によっては、水溜まりを防ぐためにサンプポンプが必要になる場合があります。

部屋の場所によっては、十分な振動と防音も重要な懸念事項です。 会議室、教室、病院の病室など、通常使用されているスペースに隣接している場合、ノイズが問題になることがあります。 実験室などの敏感な機器のあるスペースでは、機械室の機器によって生じる振動から隔離する必要があります。 この部屋に隣接していない場所を選択すると、多くの場合、これらの問題を軽減できます。 別の場所を選択できない場合は、騒音と振動を制限するために追加の機器を設置することがあります。

機械室の設計と維持において考慮すべき安全上の問題がいくつかあります。 部屋は、内部の機器が不正に改ざんされないように保護する必要があります。 部屋を物理的に隔離すると、建物の他のエリアへの火災または爆発の伝播を防止または遅らせることができます。 緊急事態に備えて、手動操作のシャットダウンスイッチまたはその他のシャットオフデバイスを機械室の外に配置することができます。

有毒ガスを運ぶ排気口は、危険な排気が占有スペースに循環しないように、吸気口から十分に分離する必要があります。 冷媒などの危険な化学物質が存在する場合、呼吸装置、洗眼ステーション、および安全シャワーは通常、室内に配置されます。 専門的な基準と現地の建築基準法により、他の安全機能と手順が指定されている場合があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?