木工バイスとは?

木工用万力とは、切断、加工、または他の種類の木工用に木片を固定するために使用される装置です。 木工万力のほとんどのバージョンは金属で作られていますが、万力の顎で圧縮されたときに加工中の木材の損傷を防ぐために木で作られているものもあります。 木工用万力が開閉して、さまざまなサイズの木材を万力の顎の間に取り付けることができます。 一方の顎は所定の位置に固定され、もう一方の顎は回転アームによって制御されるねじのようなシステムで出入りします。

木工用万力と他のタイプの万力との違いは微妙ですが、重要です。多くの万力は、材料片をより効果的に保持する歯付きの顎を備えていますが、木工用万力はこれらの歯を備えていません。 代わりに、顎は平らな表面を備えており、締め付けたときに木材に刻み目が入らないようにします。 ジョーの表面は、クランプ荷重を一か所に集中するのではなく、木材のより大きな帯に分散させるために非常に広いことが多く、これにより木材に亀裂が入ったり破損したりする危険性があります。 一部の金属製木工バイスは、金属が木材を損傷するのをさらに防ぐために、顎の中に木材のブロックを備えています。

木工プロセスの多くは屋内の作業台で行われるため、木工用万力は多くの場合、作業台またはその他の固体表面に取り付けるように設計されています。 場合によっては、万力の固定されたあご側が実際にベンチの一部であり、可動あごがベンチ自体の上部と同じ高さに設定されます。 これにより、木材を木工作業台の表面近くに固定して、安定性と使いやすさを向上させることができます。 他のバイスは、テーブルの上部から独立した2つのジョーでベンチの上部またはベンチの側面に取り付けられます。

バイスは常にテーブルまたはワークベンチに取り付けられているわけではありません。 一部のハンドヘルドバイスには、1つまたは複数のハンドルで操作される1つまたは2つのネジに固定された2つのジョーがあり、ジョーは1つまたは複数の木材を固定できます。 このようなクランプは、テーブルに取り付けられたバイスよりも安全性が低いため、通常、軽量の作業に使用されます。 手持ちバイスを使用して、たとえば、木片を動かさずに接着剤を硬化させるために、接着プロセス中に木片を一緒にクランプすることができます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?