ジグザグトランスとは

ジグザグトランスは、3線式の3相電力線から接地基準点を生成する3相デバイスです。 3相変圧器のカテゴリに分類され、スターまたはY結線を駆動する既存の3相ベクトルから3相ベクトルの新しいセットを引き出す特別な設計を利用します。 三相ジグザグ変圧器を説明するために、単純な単相および二重相の類推を見ると役に立つかもしれません。

単相電力線では、中性レベルがすべての条件で維持されるため、接地点を導出する必要はないようです。 単相活線が故障または故障していない場合、中性線は常に同じ電位になります。 二相給電装置はめったに使用されませんが、その原理は、ジグザグ接地変圧器の役割を説明するのに適しています。 存在する場合、2相フィーダは、互いに180度のベクトル位相シフトを持つ2本の通電ワイヤを使用します。 二相変圧器を検討する場合、110ボルトの交流(VAC)二相配電では、それぞれ110 VACから中性線までの110 VAC活線2本を使用します。

上記の例では、次に中性線または接地線が使用可能になっていないと見なされます。 中性点は、110-0-110 VAC発電機の巻線出力のセンタータップである発電機側でアクセスできることに注意してください。 課題は、配電の下流で中性線を製造することです。 繰り返しますが、ジグザグ変圧器の2相の対応部品には、中性点への共通接続を持つ2つの巻線があり、巻線のもう一方の端は2本の活線に接続されます。 二相フィーダの各相の負荷のバランスが取れている場合、ジグザグの中性点と接地点の間の電位差はゼロになります。 そうしないと、ジグザグの中性点にゼロ以外の電圧が接地されます。

星形またはY接続のジグザグトランスは、一度に2相の電圧を使用して3相出力を再生します。 2つの位相のすべての組み合わせが作成されると、結果の3相ベクトルは単一の参照中立点に収束します。 ジグザグ変圧器の内部には、各相の2組の巻線(内側巻線と外側巻線)があり、磁束が反対になるように逆に巻線されています。 コアごとに、内部巻線はシーケンスの次のフェーズから取得されます。 3つの相のそれぞれで負荷のバランスが取れている場合、ジグザグ変圧器の中性点はグランドと同じ電位になりますが、位相に障害があるか、相負荷の不均衡があると、電圧が発生します中立点。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?