属性サンプリングとは

属性サンプリングは、特定の製品が買い手または売り手の基準を満たしているかどうかを判断するために使用される戦略です。 多くの場合、企業はこのアプローチを、商品やサービスの生産に使用する原材料を評価する手段として、またそれらの完成品がメーカーが設定した品質基準を満たしていることを確認するメカニズムとして使用します。 このタイプの検査プロセスには、いくつかの潜在的な負債だけでなく、いくつかの利点があります。

属性サンプリングは、検討中の商品の各ロットからランダムにサンプルを選択する基本的なアプローチに従います。 サンプルの正確な数は、検討中の商品の種類とロットに含まれるユニットの数に基づいて異なります。 通常、属性サンプリング計画のアイデアは、ロットの全体的な品質を十分に把握するのに十分な単位を含めることです。 各サンプルを評価し、各サンプルが許容できるか欠陥があるかを判断することにより、ロットが販売に十分であるか、拒否されるべきかを判断できます。

属性サンプリングアプローチの採用は、製造環境で非常にうまく機能します。 繊維会社のようなビジネスは、完成品のラインを生産するために高品質の原材料の使用に依存しています。 これらの原材料が会社が設定した基準に達していない場合、生産される製品も最初の品質よりも低くなります。 これは、ユニットが非常に低いレートで秒単位または品質の悪い商品として販売されなければならないことを意味します。つまり、製造業者はこれらの品質の低い商品からほとんど利益を得ません。 製造プロセスに実際に導入される前に原材料のランダムサンプルを取得することにより、第2品質の製品の生産を最小限に抑え、単位あたりの利益で販売できる第1品質の商品をより多く生産できます。

属性サンプリングは、購入または販売のためにロットを評価するための迅速かつ効率的な方法ですが、留意すべき欠点が1つあります。 問題のすべての商品を完全に検査するのではなく、このアプローチを採用することを選択すると、明らかに劣っている1つ以上のユニットを見落とす可能性があります。 これにより、生産プロセス中に多くの品質問題が発生し、生産された欠陥品が実際に顧客に出荷された場合に顧客との関係が損なわれる可能性があります。 このため、多くのメーカーは、ランダムサンプリング中に特定の割合の欠陥ユニットが見つかった場合、属性サンプリングから始まり、ロット全体の完全な評価に進むデュアルアプローチを採用しています。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?