エタノールアルコールとは?

アルコールは蒸留物です。 エタノールまたは穀物アルコールと呼ばれることもあるエタノールアルコールは、しばしば発酵糖から作られる透明な物質です。 香水や爆発物の製造など、産業用に使用できます。 また、薬や酒などの製品での人間の消費にも使用できます。 エタノールアルコールが消費されると、中枢神経系に影響を与える可能性があります。

エタノールアルコールには臭いと味があります。 揮発性物質であるため、すぐに蒸発し、可燃性でもあります。 それは、水および他の有機物質と混合することができ、そしてしばしば混合されます。 一般に、95%のエタノールと5%の水を含む市販のエタノール溶液が見つかります。 人がそのような溶液を純粋なエタノールアルコールにしたい場合、それを可能にする脱水物質があります。

ジャガイモやトウモロコシなどの澱粉は、エタノールアルコールの製造に使用できます。 ただし、これを行うには、澱粉を最初に単糖に分解する必要があります。 この目的のために発酵糖は非常に複雑になることがあります。 このプロセスには、単糖、水、酵母、アンモニアの組み合わせが含まれます。

エタノールは、アセトアルデヒドまたはエチレンから合成的に製造することもできます。 アセトアルデヒドは、化学物質の製造に使用される天然物質です。 エチレンは、農産物の熟成に影響を与えるように設計されたものを含む化学プロセスでも使用される植物ホルモンです。

すべてのエタノールアルコールは消耗品ではありません。 一部のエタノールが変性しています。 これらの製品には、人間が飲み込むことのできない有毒物質が含まれています。 アルコールを変性させる一般的な理由は、物品税を避けるためです。 アルコール飲料などのようにアルコールが消費される場合、そのような税金やその他の制限を受ける可能性があります。

変性アルコールは、しばしば生の製品と見なされます。 ゴムやワニスなどの他の製品の生産に使用されます。 また、自動車の燃料として、または他の自動車の燃料の添加剤としても使用できます。 そのような製品がトウモロコシやサトウキビなどの作物から作られる場合、それは一般にバイオ燃料と呼ばれます。

消費できるエタノールでさえ、人体に毒性があると考えられています。 人がアルコールを飲むと、それは血流に吸収されます。 それは脳に運ばれ、効果を生み出します。 体はすぐにこの異物を排除しようとし、そうすることで肝臓はアセトアルデヒドを生成します。

エタノールアルコールの製造プロセスは複雑でタイムリーであるため、体のアルコールを除去するプロセスも同様です。 体が1時間以内に処分できるアルコールの量には制限があります。 人の飲酒がこの制限を超えるほど、他の人はエタノールアルコールが生み出す効果に気付く可能性が高くなります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?