危険な産業廃棄物とは何ですか?

有害産業廃棄物とは、商品やサービスの継続的な生産の一環として、企業が生産する製品によるあらゆる種類の廃棄物です。 ほとんどの国では、このタイプの廃棄物の処理は、企業が施設を運営している地域の生態系の保護を担当する政府機関によって設定された規制に従って実施する必要があります。 米国では、このタスクは通常、環境保護庁(EPA)によって管理されます。

かつて、危険な産業廃棄物の処分は政府機関によって監視されていませんでした。 これは、企業が自ら責任を持って、倫理的で、費用対効果の高い方法で廃棄物をリサイクルするか、そうでなければ処理することが期待されることを意味していました。 時間が経つにつれて、すべての事業が有害な産業廃棄物を環境やコミュニティに住む個人に害を及ぼさない方法で処理しているわけではないという事実により、規制を確立し、従わなかった会社に罰金を課すことが必要になりましたそれらの規制。 20世紀の終わりまでに、世界中の大多数の国は、国境内で事業を行うことが予想される危険な産業廃棄物処理に関するある種の基準を作成しました。

今日の危険な産業廃棄物を管理する最も一般的な方法の1つは、その廃棄物を安全に使用でき、環境に脅威を与えない新製品にリサイクルすることです。 このアプローチは多少費用がかかりますが、生産プロセスで使用される新しい原材料の必要性を最小限に抑えることができ、廃棄物の浄化コストを効果的に相殺できます。 それ以外の場合、リサイクルの努力は、完全に新しい製品を精製された材料から開発できるように、廃棄物の浄化に焦点を合わせています。 この戦略は、限られた天然資源の使用を遅らせるだけでなく、リサイクル素材で作られた商品と最近収穫された天然資源で作られた商品のコストと品質を比較する際に消費者に開かれた選択肢を増やします

危険な産業廃棄物を安全にリサイクルおよび使用できない場合、これは、廃棄を管理するためのある種の危険廃棄物プログラムが必要であることを意味します。 一部の国では、これは、廃棄物を密閉容器に梱包し、危険な廃棄物を保管するために確保された特定の施設に輸送することを意味します。 このアプローチは、廃棄物を水路に投棄したり、廃棄物を埋め立て地に埋めたりすることを防ぎます。どちらのアプローチも、地元の生態系に多大な損害を与える可能性があります。 危険な産業廃棄物処理のすべての形式は、地方自治体および中央政府が要求するすべての危険廃棄物規制に準拠する必要があります。 そうしないと、さまざまな種類の罰金、製造施設の閉鎖、および有害廃棄物の無責任な投棄によって引き起こされた損害を取り消すために必要なすべての努力の支払いにつながる可能性があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?