危険物保管とは何ですか?

危険物とは、生物と環境に大きな脅威をもたらす可能性があるアイテムです。 したがって、これらのアイテムの製造、使用、廃棄に重点が置かれています。 危険物の保管も大きな懸念事項です。 一般的に、危険物は潜在的なリスクを減らす方法で保管する必要があると認識されています。

危険物の保管規制にはいくつかのレベルがあります。 法律は、連邦政府、州政府、および地方政府によって発行される場合があります。 有害物質と接触する企業や機関によって、追加の規則が概説される場合もあります。 また、個人が従うことが推奨される良い慣行もあります。

明確な識別は、危険物保管の最も重要なルールの1つです。 適切なラベルを付けずに危険物を保管することは、一般的に悪い慣行と見なされ、違法となる可能性があります。 すべてのアイテムにはラベルを付ける必要があります。そうすれば、アイテムに接触した人は誰でもアイテムを判別できます。 一部の人々は特定のアイテムに精通していない可能性があるため、材料は危険であることに注意することもお勧めします。

危険物保管規制により、アイテムの保管期間も規定される場合があります。 食品と同様に、一部のアイテムには有効期限があります。 これらの日付を超えて保管されるアイテムは、より危険になる可能性があります。 古いアイテムは、最初に使用できるように、必要な人が簡単に入手できる場所に保管することをお勧めします。 一部のアイテムは、保管にまったく適さない場合があります。

多くの危険物には互換性がありません。 それらが混在している場合、有毒な煙や爆発などの多くの否定的な結果が生じる可能性があります。 規制では、これらのリスクを防ぐために、さまざまなアイテムを別々に保管する必要があることがしばしば規定されています。 個別のストレージは、異なるアイテムを異なるコンテナに保管することを意味します。 ただし、場合によっては、異なるアイテムを異なる領域に保存する必要があります。

そのようなアイテムが保管されるコンテナも規制の問題になる傾向があります。 一部のタイプのコンテナは、特定のタイプの材料の保管には適していません。 これらの材料が不適切な保管容器に入れられると、危険な状況がしばしば発生します。 漏れが発生する可能性があり、その結果、アイテムが互換性のない他のアイテムと接触する可能性があります。 ヒュームは、可燃性の気体環境を作り出す可能性もあります。

危険物の保管規制により、アイテムを保管できる状況が決まる場合もあります。 多くの危険物は環境によって影響を受けます。 温度が正しくない場所に保管されている場合、または日光にさらされている場合、より危険になる可能性があります。 それらがもたらすリスクのために、多くの場合、危険な物質を給水や食物などのものから一定の距離に保つことが必要です。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?