メープル材とは?

メープル材は、エイサー属の木のいずれかに由来する木材です。 この種類の木材は、この属内の多くの異なる種に由来する可能性がありますが、最も一般的なものは、 エイサーサッカラムまたはサトウカエデであり、ロックメープルまたはハードメープルとも呼ばれます。 メープル材は、家具、キャビネット、その他多くの仕上げプロジェクトなど、多くのものに使用される一般的な種類の建築材料です。 装飾品や完成品にとってはるかに価値があるため、一般的に構造目的には使用されません。

数十種類のカエデの種の1つから製粉された木材は、カエデ材と呼ばれることがありますが、この非常に望ましいタイプの木材を作るために使用される一般的な種の数は限られています。 メープル材は一般に、ハードとソフトの2つの主なカテゴリに分類されます。 砂糖と黒カエデは、硬いカエデ材の原料です。 ブラックメープルは、ブラックシュガーメープルとしても知られています。 これらの木は主に米国の北東部と中西部で収穫され、これらの地域は生産されるすべてのハードメープル材の約3分の2を占めています。

ハードメープル材は、あらゆる種類の木工プロジェクトの対象として非常に望ましいです。 それは通常、淡い赤褐色から中程度の赤褐色であり、一般的にかなりまっすぐな穀物を持っています。 木材は非常に強く、重く、曲げや衝撃に強いです。 乾燥するにつれて収縮が大きくなるため、使用前に十分に乾燥させる必要があります。 これらの特性により、床、キャビネット、ベニヤ、まな板、ブロック、家具に人気があります。

メイプルも旋削加工に人気のある木材であり、メジャーリーグの野球選手の中には、この汎用性の高い木材から作られたバットを好む人もいます。 ハードメープル材には、バーズアイメープル、カーリーメープル、フィドルバックメープルなどの珍しい品種もあり、これらはすべて木工や消費者が特に美しく望ましいと感じる穀物の異常な特性を示します。 たとえば、非常に高価な高級車の中には、ダッシュボードとコックピットのアクセントの構築にバーズアイメープルを使用しているものがあります。

ソフトメープル材は、シルバーメープル、ビッグリーフメープル、レッドメープル、ボクセルダーなど、他の一般的なメープルの種から来ています。 これらの木は、硬いカエデに非常に似ていますが、硬さ、強度、または密度がわずかに低い木材を生産します。 しかし、これらの木材は依然として硬材と見なされており、他の多くの種類の木材、特に松よりもかなり硬いです。

主に米国北西部で見られる大葉のカエデを除き、ほとんどの柔らかいカエデ材は米国東部から来ています。これらの木材は一般に、枕木、パレット、箱、木枠などのより多くの産業用途に使用されます。 おもちゃ、台所用品、ベニヤなどの一部の消費財も、柔らかいメープルで作られている場合があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?