パイプ接着剤とは

パイプ接着剤は、通常のポリ塩化ビニル(PVC)配管の長さのパイプ間の水密接続を作成するための製品です。 通常、金属パイプは、接着剤ではなく、はんだ付けまたはエポキシを使用して接合されます。 多くのハードウェア店はパイプ接着剤を扱っており、多くの場合、さまざまな種類のプロジェクトに複数のタイプを提供しています。 特に家の下のクロールスペースなどの狭い場所では、作業中に危険な煙が発生し、病気になる可能性があるため、この物質を扱うときは注意が必要です。

人々がPVC配管を接続するとき、彼らはきれいに切断されたプラスチック片から始めて、プラスチックを柔らかくするためのプライマーを適用し、その後パイプ接着剤が続きます。 次に、2つのパイプを合わせたり、パイプを別の種類の継手に取り付けたりできます。 接着剤が固まるようにパイプを所定の位置に保持します。パイプが完全に硬化すると、接続部は防水性になります。 パイプ内を運ばれる水またはその他の物質は漏れません。また、空気などの周囲環境の物質は配管に浸透しません。

企業は、数年または数十年にわたってプラスチックをしっかりと保持するパイプ接着剤を設計し、必要なメンテナンスの量を減らします。 また、非腐食性であり、プラスチックを損傷したり、食べたりしてはなりません。 他の種類の接着剤は、ピッチングやその他の問題を引き起こし、漏れや接合部の最終的な故障につながる可能性があります。 通常、人々はPVCを下塗りして接着すると強い臭気に気づきます。 煙が直接吸入されるのを防ぐために人工呼吸器を着用し、怪我のリスクを減らすために換気の良い場所で作業することをお勧めします。

製品とそのニーズに応じて、パイプにパイプグルーをペイントまたはスプレーできます。 均一な層を適用し、薄すぎたり厚すぎたりしないようにすることが重要です。 製品には、適用する接着剤の量と、パイプに水を流す前にジョイントを硬化するのに必要な時間に関する情報を提供する明確な指示が必要です。 接着剤が硬化する前に関節を震わせたり配管を使用して関節にストレスをかけると、関節がバラバラになることがあります。

使用するパイプ接着剤の種類がわからない場合は、金物店のスタッフに相談できます。 担当者は、店舗が運ぶすべての製品に精通しており、顧客がニーズに最も適した供給を選択するのを支援できます。 配管工および請負業者は、建築基準に従って配管を設置する際のアドバイスなどの情報も提供できます。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?