ロボット溶接とは

ロボット溶接のプロセスは、さまざまな材料の取り扱いと溶接の両方から人間の関与をすべて取り除くことができます。 通常、これらの機能を人間の干渉なしで、制限された監督で実行できるプログラム可能なロボットが含まれます。 産業用途に使用されるすべてのロボットの大部分が溶接に関与しています。 一般的にロボットを使用する方法には、アーク溶接とスポット溶接があります。 溶接にロボットを広範囲に使用しているセクターの1つは、1980年代からますます多く使用されるようになった自動車産業です。

最初のロボットの一部は、1960年代にさまざまな産業用アプリケーションに登場し始めましたが、1980年代まで広範囲に使用されることはありませんでした。 その時、自動車産業はスポット溶接にそれらを使用し始めました。 自動車の組立ラインでのこの種の溶接は、繰り返しの多い退屈な作業であり、自動化に適しています。 部品はロボットに自動的に移動され、ロボットは事前設定されたプログラミングに基づいて機能するため、このプロセスに必要な人間の介入はほとんどありません。

ロボット溶接はさまざまな産業で使用されており、いくつかの異なるロボットシステムが使用されています。 通常、各ロボットは、プログラミングおよび処理機能を含むコマンドユニットと、材料および溶接機器を操作するために使用できる機械ユニットで構成されています。 一般に、さまざまなタイプのロボットは、マニピュレーターコンポーネントの動作方法によって分類されます。 通常、デカルトロボットのマニピュレータコンポーネントには3つの軸があり、各軸は他のロボットに対して直角に直線的に移動します。 他のロボットは、より良い可動範囲を提供できる特別な関節アームを使用する場合があります。

署名画像処理は、効率と溶接品質を改善するためにロボット溶接で使用できる技術です。 この技術を使用して、ロボット溶接で発生する作業の品質を検査し、調整を行うことができます。 さまざまな処理方法を使用することで、障害やその他の問題を特定し、すぐに修正できます。

ロボット溶接機を使用するプロセスもありますが、ある程度の準備が必要です。 ロボットがこのような状況で溶接している場合でも、ロボット溶接という用語は通常、最初から最後まで完全に自動化されたプロセスのみを指します。 ロボット支援溶接の一例は、ガスメタルアーク溶接です。 多くの場合、このプロセスはある程度自動化されますが、通常は人間が何らかの方法で材料を準備し、機械を操作します。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?