リシノプリルと脱毛の間に関係はありますか?

リシノプリルと脱毛の間には関係があるかもしれませんが、リシノプリルを服用している患者のほとんどが脱毛を報告せず、一般集団では脱毛が一般的であるため、判断が困難です。 臨床試験では、薬を服用している患者の1%未満が脱毛を報告したことが示されていますが、それにもかかわらず、他の多くの要因が働いている可能性があります。 これにより、薬が脱毛を引き起こしたのか、それとも遺伝的素因やストレスの結果なのかを判断するのが難しくなります。 この困難に関係なく、多くの人々は、リシノプリルと脱毛が関連しているとまだ確信しており、彼らの脱毛は薬の服用と一致したと信じています。

リシノプリルのまれな副作用には、体重減少、不眠症、脱毛などがあります。 ただし、100人に1人未満がこれらのまれな副作用のいずれかに苦しむことに注意することが重要です。 リシノプリルの一般的な副作用には、疲労、胃痛、胸痛が含まれます。 薬物治療によって引き起こされる多くの副作用とは異なり、リシノプリルが脱毛を引き起こす可能性のある正確な理由は不明です。 この効果は男性と女性の両方で起こると考えられていますが、治療が中止されると中止されるはずで、他の薬を使用して新しい髪の成長を刺激することができます。

一般的に、薬物は、発毛の通常のサイクルに影響を及ぼすことにより脱毛を引き起こします。 2種類の薬物誘発脱毛は、休止期脱毛と成長期脱毛と呼ばれます。 これらは、薬物が干渉する毛周期の一部、脱毛する前に毛が静止する休止期、または発毛を特徴とする成長期にちなんで命名されています。 休止期脱毛は最も一般的なタイプであり、一般的に高血圧の治療に使用されるリシノプリルなどの薬物に関連するタイプです。 したがって、リシノプリルと脱毛は、薬物が毛の成長の休止期を妨げるため、関連していると考えられており、症状は治療を受けてから2〜4か月の間に始まるはずです。

リシノプリルと脱毛の関連性を報告している患者の割合が少ないということは、両者が関連していないという意味ではありませんが、多くの問題を引き起こしています。 これらの問題の中で最も一般的なのは、脱毛が男性と女性の両方の集団で一般的であることです。 調査によると、遺伝的脱毛症は閉経前の男性の50%と女性の13%に影響を及ぼしています。 女性の数値は、閉経の始まりと年齢の増加とともに増加します。 これらの事実は、リシノプリルと脱毛の明らかな関連性が自然の脱毛よりも目立たないこと、したがって自然の脱毛が「副作用」の原因である可能性があることを示しています。

リシノプリルは、主に高血圧の治療に使用されるアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤と呼ばれる薬物の分類に属しています。 それらは、アンジオテンシンIIの産生に関与するアンジオテンシン変換酵素の作用を阻害することにより作用します。 この化学物質は、動脈の壁を囲む筋肉を収縮させます。これにより、筋肉が狭くなり、血圧が上昇します。 アンジオテンシンIIの産生を防ぐことにより、リシノプリルは動脈周囲の筋肉を弛緩させ、血圧を低下させます。 これは、心臓がより多くの酸素と血液を獲得することを意味します。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?