低血圧治療の種類は何ですか?

低血圧治療には通常、処方薬の使用と食事の変更が含まれます。 患者に他の病状が存在する場合、低血圧治療には根本的な原因の治療が含まれます。 低血圧は薬に対する反応によって引き起こされる場合があります。この場合、治療には薬の変更や投薬量の変更が伴います。 通常、低血圧治療のコースは、低血圧の原因に依存します。

患者は、突然または急性の低血圧を経験する場合があります。これは、失血やその後のショックなどの外傷による血圧の突然の低下です。 このような場合、急速に低下する血圧を安定させるために、薬物とともに輸血が必要になる場合があります。 これは通常、緊急の注意が必要な緊急の状況です。

慢性低血圧症の患者には、薬が処方される場合があります。 低血圧の症状を治療するために薬を服用することに加えて、患者は食事を変更する必要があるかもしれません。 このような患者の血圧を上げるために、ナトリウムの量を増やすことをお勧めします。

急性または慢性のいずれの場合でも、低血圧に苦しむ人々は、脱水症を避けるためにより多くの水分を飲むことから恩恵を受けるかもしれません。 水分摂取量を増やして水分補給を続けると、低血圧患者の血圧が一時的にいくらか上昇する場合があります。 定期的な運動も低血圧治療の有益な形態かもしれません。 低血圧の患者にとって、状況を改善する方法を医師と話し合うことが重要です。

食後低血圧の症状を示す患者は、通常、食事後に血圧の低下を経験します。 これは通常、重い食事を消費した後に発生します。 患者は、ぐらついたり、不安定で、ふらつきを感じることもあります。 これらの症状は、炭水化物を多く含む食事を摂るときに特に顕著になります。

食後低血圧の最善の治療法は、食事を変えることです。 患者は、1日に3つの大きな食事を食べるのではなく、1日を通して4つか5つのミニミールを食べることで利益を得ることができます。 糖質のでんぷん質の炭水化物を減らすことも役立ちます。 一般的に、食事後に起こる低血圧は高齢者に起こります。

食後低血圧の別の治療法は、食事を食べる直前に摂取されるイブプロフェンなどの抗炎症薬の使用です。 朝食時にコーヒーなどのカフェイン入り飲料を摂取すると、血圧も上昇する可能性があります。 しかし、個人が心臓の動pitに苦しんでいる場合、カフェインは避けるべきです。 食事を変える前に、医師に助言を求めることをお勧めします。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?