最高のホメオパシー坐骨神経痛の治療とは何ですか?

坐骨神経痛、圧迫、コロッシンス、ヒ素、ベラドンナなどの圧迫を治療するために使用されているホメオパシー治療にはいくつかの種類があります。 これらのホメオパシー坐骨神経痛治療のそれぞれは、状態のさまざまな症状に使用され、各患者のニーズに応じて処方されます。 坐骨神経痛は、glut筋の真ん中に位置し、太ももの後ろに伸びる大きな坐骨神経の圧迫または衝突として説明されます。 症状には、腰からbut部までの痛みやleg熱感、場合によっては下肢の痛みが含まれます。 従来の薬は通常、一般的な症状を緩和するために抗炎症薬、運動、カイロプラクティックケアに依存しています。

最も一般的に使用されるホメオパシー坐骨神経痛の治療法の1つはコロシンスです。 痛みがひどく、足からかかとまで伸びるときに最も効果的であると考えられています。 このタイプの坐骨神経痛は、天候や人が寒いときに、より悪い症状を示すこともあります。 一部の患者は、麻痺および部分麻痺の感覚、ならびに大腿筋の圧迫感を経験する。 特定の投与量はホメオパシー医師によって決定されるべきですが、6番目の効能のコロシンスは最も効果的であると考えられています。

ホメオパシーの坐骨神経痛の治療薬としてよく使用される別の自然療法はヒ素であり、特定の時間、通常は夜間に起こる坐骨神経痛に最も有用です。 これらの種類の坐骨症状のある患者は、穏やかな動きで痛みが緩和される可能性が高く、激しい動きは不快感を増す可能性があります。 温かいコンパクトまたは熱いコンパクトを追加すると、この処理で優れた結果が得られます。 このホリスティック治療は、坐骨神経痛の痛みに最も効果的な選択肢の1つと考えられており、炎症を起こした神経を鎮静させることで知られています。

ベラドンナ薬は、効果的なホメオパシー坐骨神経痛の治療薬としてよく取り上げられ、特に夜間に激しい痛みを経験し、患部に触れると痛みを示す患者に処方されます。 これらの患者は、運動とともに痛みが増すことも報告しているが、患者が頻繁に体位を変えて直立姿勢をとると緩和が見られる場合がある。 温湿布は、この種の坐骨神経痛の痛みを経験している患者にも役立つ場合があります。 ヒ素のように、ベラドンナには坐骨神経を包み込む鎮静コーティングの修復に役立つ特性が含まれています。 ホメオパシー医師は、神経および周辺組織の炎症を軽減するために他の治療法を処方する場合があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?