恥ずかしさと社会恐怖症を克服するための最良のヒントは何ですか?

恥ずかしさと社会恐怖症を克服するための最良のヒントには、病気の原因を調べること、社会的状況を意識的に準備すること、そして場合によっては認知行動療法を求めることが含まれます。 効果的なアプローチの1つは、社会的状況で不安を引き起こす思考を調べて置き換えることです。 社会的状況の準備とリラクゼーション技術の練習は、社会的不快感を減らすための一般的な方法です。 内気と社会恐怖症の区別を理解することは、状態を改善するために重要です。 社会的恐怖が正常な機能を妨げる場合、認知行動療法と薬物療法が必要になる場合があります。

恥ずかしさと社会恐怖症を克服するとき、効果的な出発点は、各状況で不快感を引き起こす思考を調べ、意識的に調整することです。 恥ずかしがり屋の人は、他の人が彼または彼女を好きにならないことを恐れて、アイコンタクトを避けたり、社会的な状況で非常に静かに話すかもしれません。 この人にとって効果的な戦略は、すべての人に好かれたいという欲求ではなく、各社会的相互作用のポジティブなメッセージに集中することです。 間違いをすることへの恐怖は、人が社会的状況で反動するかもしれないもう一つの理由です。 すべての人が不完全であるという継続的な精神的リマインダーは、しばしば自意識を減らし、社会的関与を高めるのに役立ちます。

社会的状況に備えることは、内気さや社会恐怖症の克服に役立ちます。 恥ずかしがり屋の人々の中には、会話や社会的状況に追加する価値のないものを恐れる人もいます。 この場合、共有するストーリーやパーティーで議論する興味深いトピックについて事前に考えることで、不快感を減らすことができます。 利害にアピールする社会的状況を選択することはしばしば役立ち、内気な人が共通の共通点に集中できるようにします。 社会的イベントの前または最中に、深呼吸などのリラクゼーションエクササイズも不安を軽減し、ネガティブな思考や心配から現在の会話や活動にエネルギーを向け直します。

恥ずかしさと社会恐怖症を克服するための効果的な戦略は、特定の条件によって異なります。 恥ずかしさ、社会恐怖症よりも一般的な条件は、社会的状況での恥ずかしさと不安の感情によって特徴付けられます。 社会恐怖症はより激しく、多くの場合、屈辱や裁きを受ける恐れが高まるため、社会活動を絶えず回避します。 恥ずかしさを克服するための一般的なヒントには、社会的状況への露出の増加が含まれますが、この同じ戦略は通常、社会恐怖症に対処している人のためのより大きな社会的またはカウンセリングのサポートを必要とします。

恥ずかしさと社会恐怖症を克服するプロセスが圧倒的になるか、正常な機能を妨げる場合、通常、専門のカウンセラーと相談するのが最善のアプローチです。 カウンセラーはしばしば認知行動療法を使用して、クライアントが社会的状況に対する不安を段階的に調べ、社会的関与を緩和するのを支援します。 場合によっては、衰弱する不安を軽減するために投薬が必要になる場合があります。

他の言語

この記事は役に立ちましたか? フィードバックをお寄せいただきありがとうございます フィードバックをお寄せいただきありがとうございます

どのように我々は助けることができます? どのように我々は助けることができます?